◆美脚=足指を動かすことの重要性

横浜・関内|骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚』スペシャリスト石井完厚

-
IMG_20200306_143817_232.jpg
 
◆美脚=足指を動かすことの重要性
 
美脚つくりに必須なのが

足の指がしっかりと動くこと

 
日々のレッスンでも
全く足指が動かない人を
多く見受けます。
 
 
足指が正しく使えないと
ふくらはぎや太ももの
シルエットを大きく崩す
原因になってしまいます。
 
 
足指が上手く動かせない方は
結構な頻度で「浮指」に
なっていることが多いです。
 
 
「浮指」になってしまうと
足関節が非常に不安定になり
ふくらはぎや太ももなどの
外側のアウターマッスル達が
働きやすい状態に
なってしまうのです。
 
 
そのため基本的に足指は
★床を軽く掴んでおくこと
が大事になります。
 
 
強く床を掴む必要はなく
軽く指腹が床についている
程度で大丈夫です。
 
 
この中でも長母指屈筋などは
脛骨と腓骨を締める機能があり
足首を細くする効果もあるので
正しく使えるようにしておく事が
重要になります。
 
 
また足指がしっかりと動くことで
足部インナーマッスル(足裏筋群)
が鍛えられ、足のアーチ構造が
回復しやすくなります。
 
 
足のアーチが崩れると
回内足や回外足などと言われる
足部の捻じれを起こし、
これらが殿筋や内転筋などの
股関節の制御筋を使いにくくさせ
その結果、前モモや外モモが
太くなるのがよくあるパターンです。
 
 
足部は立位姿勢において
床面に唯一接触する部位のため
この部位の歪みは不安定性は
身体全体に大きな影響を及ぼします。
 
 
そして足部を安定させるには
足裏のインナーマッスルを
使えることが必須であり
そのためには足指がしっかりと
動くことが重要なポイントと
なっているのです。
 
 
足指の動かし方には
解剖学的に大事なポイントが
何点かあるのですが、
やってもらいたい動きを説明すると
---------------
足の指を伸ばしたまま
指の付け根から動かし
チョキの形を作る
 
※2つのチョキを作る
 ├親指上のチョキ
 └親指下のチョキ
---------------
のが大事になります。
 
 
指先でタオルを引き付ける
●タオルギャザー
などが有名ですが
勿論これも有効ですが
足裏のインナーマッスルは
足指チョキ運動のほうが
より効果的に鍛えることが
できるのです。
  
 
ただ足の指でチョキを
交互につくる運動は
結構足裏が攣る人が
続出してしまうので、
 
その準備として
一週間程度の期間
足の指で
・グー
・チョキ
・パー
運動をしてもらうことも
結構多いです。
 
 
慣れてきたら
足裏も吊りにくくなるので
その段階から
・親指上のチョキ
・親指下のチョキ
を交互に連続して
繰り返してもらうことを
30回程度おこないます。
 
 
足指が使えるようになり
同時に足の骨配列を整える
トレーニングをしておく事で
重心ラインが中央に寄り
・内転筋
・ふくらはぎの内側
などが使われるようになり
美脚ラインが段々と
できてくるのです。
 
 
と言う訳で
細かいところはありますが
取りあえず
---------------
◆足指をしっかり動かす
---------------
ことが美脚つくりの
重要なポイントになるので、
普段からしっかりと動かすように
してみてください。
 
 


|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催してます。

【rfcaセミナー日程一覧は】
https://rfca-rrr.com/seminar/seminar-schedule.html
 
【@Sadaのセミナー日程一覧は】
http://sada-official.com/blog-entry-318.html






 
関連記事
Posted by横浜・関内|骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚』スペシャリスト石井完厚