骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』@Sada公式ブログ

|横浜|関内|美姿勢|美脚|体型分類|RRRアールスリー|コアクレードル|リップス|ちょいサポ|@Sada|

◆膝関節の動的安定性と美脚の関係性

-
◆膝関節の動的安定性と美脚膝関節を痛めている人のケースとして、「最大屈曲位でのアライメント不全」がよく見られます。動作の途中までは、正しいラインで動いているのに、可動域最後のあたりで捻れが発生するパターンです。特に膝を前に出すタイプのスクワットをすると、最終可動域においてニーインやトゥーアウトが顕著に出てきて分かりやすいです。日常生活では、こうした膝を前に出してしゃがむ動作は結構起きています。膝関...

◆ウエストのくびれのタイプ分類

-
◆ウエストのくびれのタイプウエストのくびれは胸郭と骨盤の形状により6通りのパターンがあります。一番綺麗とされるのは「砂時計型」ですが、個人の好みでそれぞれ好きなタイプは変わってきます。女性が「何とかしたい( •́ㅿ•̀。 )」と悩むのは「筒型」「丸型フラスコ型」「ペットボトル型」が多い感じです。「三角フラスコ型」「トロフィー型」は、女性的にはそれ程悪くない感じの傾向と言えます。(゜ロ゜)アマリコマッテナイ痩せているの...

◆スネ太りを生み出す足の浮き指

-
◆スネ太りを生み出す足の浮き指美脚に悩む女性で、意外と悩んでいる人が多いのが「スネ太り」特に足関節に近い部分が太くなっており、足首のラインが綺麗に出ない形になっています。実はこの原因の一つは★足の浮き指だったりします。足の指を床から浮かす癖があると、この部分の筋肉が過剰に使われてしまい太くなってしまいます。この部分の筋肉は、肥大しにくいタイプの筋肉ですが、「女性にとっては気に入らないシルエット」をつ...

◆黄金比に基づく美脚メイク

-
◆黄金比に基づく美脚メイク綺麗な脚の条件は①歪みがなく②細過ぎない黄金比のボリューム③上半身との比率が適正だと言えます。③上半身との比率に関しては、生まれ持ったものなのでどうしようもない部分がありますが、お尻の下部を引き締め、鼠径部を引き上げるコンディショニングをする事で、少しだけ脚長に見せる事が可能だったりします。①に関しては、骨格ラインから整えるコンディショニングで相当の変化が起きてくれます。O脚や...

◆くびれと美尻との関係性

-
◆くびれと美尻との関係性ウエストが引き締まっている女性は美尻である可能性も高いと言えます。何故か?と言うと、お尻の筋肉が弱くなると、自分の体重を余裕を持って支えれなくなり、その代償として腹斜筋が働き過ぎることが多いのです。この時の腹斜筋は負荷に耐えようと外側に張り出すような使い方になり、シルエットを寸胴にしてしまいます。そのため、ウエストを引き締めるには、お尻や内ももの荷重トレーニングも必要となる...

◆猫背をなおす運動連鎖の活用

-
◆猫背をなおす運動連鎖の活用猫背が直りにくい原因の一つに「胸椎1番~3番の可動性低下」が挙げられます。かなり硬くなるこの部位は、他の部位との連鎖を使い効果的に動きを出していくのが有効となります。連携のポイントは、・腕の屈曲150度以上・上部肋骨の上方回旋・肩甲骨の後傾・頸椎の伸展これらを意識して胸椎伸展系のエクササイズをしてみてください。かなり変化が出やすくなります。あと猫背の方は、屈曲方向への可動性も...

◆美脚の比率

-
◆美脚の比率美脚をつくるには、ただ細くする事を目指すのではなく、身長に対する比率を適正化させることが重要。・太もも=身長×0.31・ふくらはぎ=身長×0.21・足首=身長×0.12また、太さが上記の黄金比になっていたとしても、「O 脚」や「膝下 O 脚」などの歪みがあったり、「筋肉のシルエットが外側太り」をしていては綺麗に見えない。歪みを改善し筋肉のシルエットを綺麗に見せるには、下肢のインナーマッスルを全て活性化していく...

◆A型体型のトレーニングポイント

-
◆A型体型のトレーニングポイントA型体型は骨盤に対して胸郭が小さく下半身太りで悩んでいることが多い。胸郭に歪みが生じ、ボリュームダウンをすると、骨盤とのバランスがさらに崩れ、より下半身太りを感じてしまう。そのためA型体型の人は、胸郭をしっかりと整えておくことが重要となる。具体的には・上部肋骨を持ち上げ・下部肋骨を適切に引き締めるのだが、下部肋骨の引き締めを 腹斜筋で無理やりに行うと 綺麗な形で引き締まら...

◆ふくらはぎの外側太りと足裏荷重の崩れの関係性

-
◆ふくらはぎの外側太りと足裏荷重の崩れの関係性なぜふくらはぎの外側が太くなるのか? 気にしている女性は多くいます。原因としては足底荷重に問題があり、小指側に体重が乗っているケースが多く見受けられます。正しい荷重バランスは、親指側に8割 、小指側に2割の重心バランスであり、かつ、人差し指と足首の真ん中が、床と垂直に立っている状態となります。体のシルエットは、普段の立ち方、歩き方、動き方で大きく変わります...

◆股関節アライメントと美脚の関係

-
◆股関節アライメントと美脚の関係股関節アライメントは膝関節の歪み(O脚やXO脚)に強く関与します。そのため美脚つくりには股関節機能を取り戻し、股関節アライメントを正常化させる必要があるのです。多くのケースで、女性の股関節は過剰な内旋傾向にあり、また動作において外旋可動域が低下していたりします。その結果、股関節の代償として、下腿(スネの骨)は外旋方向に捻じるように使われるケースが多くなるのです。改善のために...

◆綺麗なネックラインをつくるには?

-
◆綺麗なネックラインをつくるには?首のラインが正しいポジションに立つと・顎下が締まりシャープに・フェイスリフトの効果・首の痛みの改善・肩こりの改善などの効果がある。首を綺麗に立てるには、頸椎前方に付着している「頸長筋」、そして後方に付着している「頸椎起立筋中層」などを鍛えて、正しい長さで収縮保持できるようにしていく必要がある。これらが弱いと「胸鎖入突筋」「斜角筋」などが過剰に働き、頸部アライメント...

◆美脚をつくるシルエット

-
◆美脚をつくるシルエット綺麗な脚のシルエットは・もも前・もも裏の太さバランスが良いと、他の人から見た時に綺麗に見えます。多くのケースでは、モモ前のほうが太くなってしまい、見た目のバランスが悪くなっているので、モモ裏を鍛えて、ある程度の筋ボリュームを保っておくことが大事になります。モモ裏が強くなると、モモ前の負担も減り、脚全体のシルエットも整っていきます。【セミナー情報】美脚つくりの基礎を知る◆美脚コ...

◆腰痛改善と骨盤・腰部の安定化筋

-
◆腰痛改善と骨盤・腰部の安定化筋腰痛改善のために、腹部・腰部の筋肉を鍛えることは必須要素の一つとなります。この際にコア・マッスルを鍛えるのは必要なのですが、それにプラスして鍛えたいのが「腹斜筋(特に内腹斜筋)」骨盤・腰部の関節安定化のために腹斜筋を鍛える際に有効なのが「サイドプランク」のエクササイズとなります。腹斜筋を使ったブレーシングにより、腹側壁を寸胴化させ、体幹に側屈が起きないようにキープさせ...

◆美脚をつくる膝とつま先の向きの関係性

-
◆美脚をつくる膝とつま先の向きの関係性美脚の大敵が膝関節の捻じれ。特に多いのが、大腿骨に対して下腿が外旋している「下腿外旋症候群」と言われる捻じれ。この歪みは「膝の向き 」に対して「つま先の向き」が外向き(外旋)になっている状態を指す。しかし現場で見る時は、「つま先の向き」に対して「膝の向き」が内向き(内旋)になっているかどうか?という見方のほうが分かりやすいと言える。改善のためには、基本の立ち方・動き...

◆美尻をつくるボディバランス

-
◆美尻をつくるボディバランス美尻をつくるには・身長×0.54・ウエスト×1.42の間に当てはまるサイズに調整すると綺麗に見える。身長に対する黄金比を基本としてパーツ間の綺麗に見える比率を考えながらボディラインをつくっていく。【セミナー情報】美尻つくりの法則を知る◆美尻をつくる3つの法則・2018-07-09(月)千葉開催・2018-08-12(日)神戸開催・2018-09-23(日)横浜開催⇒http://rrr-style.con/cn25/pg200.html#美姿勢 #美...