◆仙腸関節の締まりにおける「骨盤の前傾」と「仙骨の前傾」の違い

横浜・関内|骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚』スペシャリスト石井完厚

-
IMG_20190218_202717_499.jpg
https://instagram.com/p/BnmJqtHnEuw/


質問において
結構勘違いが多いものとして
・骨盤の前傾
・仙骨の前傾
の区別がついていない
ケースがあります。
 
 
恐らくイメージとしては
「骨盤が前傾しているのだから、
 仙骨も前傾しているんでしょ?
 だから骨盤の締まりの状態じゃないの?」
という感じで捉えているケースです。
 
 
これは
「床に対しての寛骨や仙骨の位置」
としては、確かに前傾と言えますが
仙腸関節など関節各部位としてみれば
間違いとなります。
 
 
仙腸関節において
「締まりの位置」となるのは、
★寛骨に対して仙骨が前傾した状態
という定義になります。
   
  
見た目で骨盤が前傾していたとしても、
×寛骨に対して仙骨が後傾している
ケースもあるのです。
 

寛骨に対して仙骨が後傾した状態は
仙腸関節においては「弛みの位置」
となってしまうため、

見た目が骨盤の前傾であったとしても
仙腸関節としては不安定な状態に
なっているのです。
 
 
なので、
「骨盤を締める=仙腸関節を締める」
を意味する場合

骨盤前傾を促すのではなく
「寛骨に対して仙骨を前傾させる」
というトレーニングをすることが
大事になるのです。
 
 
●骨盤が開いて四角い骨盤になっている方
●腰痛が酷い方
などは
仙腸関節が緩んでいる可能性が高いので
仙腸関節を締める事が必須となります。
 

 
【セミナー情報】
仙腸関節を締めるには?
◆3step7exercise 腰痛パッケージ
・2019-03-03(日)横浜開催
・2019-05-05(日)大阪開催
https://core-cradle.com/seminar/pg361.html
 
 
仙腸関節を締める効果的ツール
◆CoreCradle®ベーシックセミナー
・2019-02-22(金)横浜開催
・2019-03-03(日)大分開催
・2019-03-23(土)横浜開催
・2019-04-27(土)横浜開催
・2019-04-28(日)大分開催
https://core-cradle.com/seminar/pg104.html
 
 

|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催してます。

【RRRセミナー日程一覧は】
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html
 
【Craセミナー日程一覧は】
http://core-cradle.com/seminar/pg81.html
 
【@Sadaのセミナー日程一覧は】
http://sada-official.com/blog-entry-318.html

関連記事
Posted by横浜・関内|骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚』スペシャリスト石井完厚