◆距骨の歪みの修正と脚痩せの関係

横浜・関内|骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚』スペシャリスト石井完厚

-
IMG_20181225_131755_536.jpg
https://instagram.com/p/Bm8-Lj1HtEA/
 
◆距骨の歪みの修正と脚痩せの関係性

 
足部・足関節が歪んでいると、多くのケースにおいて、股関節のインナーマッスルが抑制されてしまい、前モモ・外モモのアウターマッスルが使われ過ぎて、脚の形を崩してしまいます。
 
 
特に脛骨・腓骨とジョイントを持つ「距骨」が歪むと、股関節への影響が強くでます。


この「距骨」は足の内側に落ち込んでしまうことが多く(距骨の内旋・底屈・回内)、ここからの運動連鎖により股関節の内旋をつくってしまうのです。
※もちろん外側への歪みのケースもあります。

 
「距骨」には筋肉がついておらず、近隣の骨の動きによりコントロールされているのですが、特に影響が強いのが、距骨を挟み込んでいる「脛骨と腓骨」(遠位脛腓関節)となります。
※その他に「踵骨」「舟状骨」などのアライメントも強く影響します。
 

内側に落ち込みやすい「距骨」を正しい位置にホールドするには、「脛骨と腓骨」で「距骨」を外旋させていくことが必要になります。
 

しかし、立位姿勢や歩行時など、膝関節がほぼ伸びている状態では、膝関節の回旋はロックされているため、「脛骨と腓骨」を外旋させることができず、結果として「股関節」の外旋筋により下肢全体を外旋コントロールしながら「距骨」を位置を調整する仕組みとなっています。
 
 
股関節を外旋させる殿筋群は、そのほとんどが股関節のインナーマッスルであり、距骨の歪みを改善するということは、股関節のインナーマッスルを活性化する、ということを意味するのです。
 
と言う訳で、
====================
★距骨の歪みの修正
 ⇒股関節のインナーマッスルの活性化
 
★股関節のインナーの活性化
 ⇒前もも・外モモのアウターの抑制
====================

と言う訳で、「距骨」の歪みの改善は、美脚つくるにはとても重要な要素となるのです。
 
 
RRRのカリキュラムである「reFrame exercie® 美脚コンディショニング」にて、基礎となる足部アライメントの評価と修正は学べるようになっています。(※より細かな評価と修正は美脚コンディショニングLv2にて学びます)


各種スクワットやデッドリフトなどで脚の張りをつくる前に、基本的な骨格ラインの修正をいれることで、効果は各段に上がります。是非ともこうした骨格ラインの修正トレーニングの理解を深めてみてください。
 
 
 
【セミナー情報】
足部アライメントの評価と修正の基礎も学べる
◆re・Frame exercise® 美脚コンディショニング
・2019-02-24(日)横浜開催
rrr-style.com/cn25/pg107.html
 
 
足部のアライメント修正に効果的!
◆Lips-SC- ベーシックセミナー
・2019-01-06(日)横浜開催
・2019-01-19(土)横浜開催
・2019-02-01(金)横浜開催
・2019-03-23(日)横浜開催
core-cradle.com/seminar/pg187.html
 
 
◆ちょいサポ®セミナー
・2019-01-06(日)横浜開催
・2019-03-01(金)横浜開催
・2019-03-03(日)大分開催
・2019-03-23(日)横浜開催
core-cradle.com/seminar/pg435024.html
 
 

|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|



各地にて開催してます。
【RRRセミナー日程一覧は】
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html
 
【Craセミナー日程一覧は】
http://core-cradle.com/seminar/pg81.html
 
【@Sadaのセミナー日程一覧は】
http://sada-official.com/blog-entry-318.html



 
関連記事
Posted by横浜・関内|骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚』スペシャリスト石井完厚