◆綺麗なウォーキングと美尻メイク

横浜・関内|骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚』スペシャリスト石井完厚

-
IMG_20181211_155532_419.jpg
https://instagram.com/p/Bj7aBtnF-Jb/
 
◆綺麗なウォーキングと美尻メイク
  
 
綺麗な歩行ができていますか?
いくら鍛えてもお尻が締まらないというケースでは、日常の歩行がうまくできていないかもしれません。
  
 
日常の歩行が正しくできると、お尻の下の筋肉などが常に使われ、またお尻の筋肉もしっかりと縮むように使われるため、その人に骨格の大きさに合わせた美尻ラインを作ってくれます。
  
 
綺麗な歩行のためには、お尻の筋肉の活性化は必須になるのです!
 
  
ただし、歩行時にお尻の筋肉がしっかりと使えるようになるには、股関節がしっかりと動く身体環境をつくっておくことが必須となります。
 
 
股関節のトレーニングは
--------------------
①股関節をしっかりとはめ込む
②股関節のインナーを鍛え、股関節を安定させる
③股関節を安定させたまま、可動性をあげる
④ウォーキングのフォームに落とし込む
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
という流れで進めていくことが重要になります。
※①②は状況により入れ替え。
 
 
【セミナー情報】
綺麗な歩行の基準と修正のためのトレーニングを知る!
◆re・Frame walking™ 歩行評価と修正アプローチ
・2018-12-16(日)大分開催
・2019-01-13(日)広島開催
・2019-03-17(日)横浜開催
https://rrr-style.com/cn25/pg108.html
 
 
美尻つくりの基本アプローチ
◆美尻をつくる3つの法則
・2018-12-14(金)横浜開催
・2019-01-19(土)横浜開催
https://rrr-style.com/cn25/pg200.html



|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催してます。

【RRRセミナー日程一覧は】
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html
 
【Craセミナー日程一覧は】
http://core-cradle.com/seminar/pg81.html
 
【@Sadaのセミナー日程一覧は】
http://sada-official.com/blog-entry-318.html


【追記】
 
一口にウォーキングと言っても、目的によって大きく3つの分類できます。
★日常生活(移動)のためのウォーキング
★健康増進ための健康ウォーキング
★モデルなどの魅せるウォーキング
 
 
当然ですが、目的が違うと、指導方法は全く違うモノになってしまいます。そのため、ウォーキングを教える際や習う際は、そのウォーキングが「何を目的にしているのか?」ということを理解しておくことをお勧めしております。
 
 
単純に分けると
モデルの人たちですと
ーーーーーーーーーーーーーー
★モデルとしての
:魅せるためのウォーキング
ーーーーーーーーーーーーーー
を教えるでしょうし、教わりたいと思います。
   
 
理学療法士や治療家の方ですと、
ーーーーーーーーーーーーーー
★日常生活へ戻るための
:リハビリとしてのウォーキング
ーーーーーーーーーーーーーー
になると思います。
 
 
通常の運動指導者であれば
ーーーーーーーーーーーーーー
★健康増進のための
:有酸素代わりのウォーキング
ーーーーーーーーーーーーーー
であることが多いと思います。
  
 
上記は、超大雑把に区分けしたものなので全員に当てはまる訳でなく、あくまでも多いケース程度です。実際に私などは運動指導者ですが、モデルの方達にモデルウォーキングの指導することがメインになっていたりします。
 

と言っても、「魅せ方」などを指導する場合は、当然場数を踏んでいるモデル経験のあるウォーキングインストラクターのほうが、私よりも遥かに高いパフォーマンスを発揮すると思います。
 
 
では、私が教えるウォーキングは、モデルの人たちに何の役に立つのか?となるのですが、それは「身体の仕組みとウォーキングのメカニズムを紐づけることで、綺麗に歩けない原因が理解できる」という点にあります。
 
 
モデルの人たちも、自分のウォーキングの問題点には気づいています。そしてそれはウォーキングのインストラクターの方からも指摘されていたりするのですが、それでも直せないから困っているのです。
 
 
そしてそれが直せない理由は、ウォーキングの練習が不十分だからではなく、例えば「足首が弱い」、「股関節が弱い」などのようなフィジカル的な部分が原因である事がほとんどであり、それも大抵は、「自分では気づいていない弱い部分」が原因になっていることが多いのです。


そのため、ウォーキングは数をこなすことはもちろん大事ではありますが、エクササイズを入れて、フィジカル的な弱点を直しながら進めていく事が、効果的にウォーキングを上達させるポイントになるのです。
 
 
このことから私が伝えているウォーキングは、
●基準となるウォーキングのフォーム(医学データに基づいたフォーム)
●その評価と修正のためのエクササイズ
の2要素で構成しています。
 
 
例え見た目に問題がなくても、エクササイズをした後と、する前では、かなりウォーキングの感覚は変わります。的確に身体に刺激をいれることで、関節が安定し姿勢保持が簡単になったり、神経系が活性化し平衡感覚が増したりなど、様々な効果がでてくるのです。
 
 
なのでモデルさん達に教えているからといって、モデル向けのウォーキングだけを教えている訳ではなく、むしろ人間の根源的な「歩く」という動作の基本を教えている要素の方が大きいのが実際です。
 
 
では、実際にどのようなポイントをみて、どのように修正していくのか?という点ですが、それに関しては、ウォーキングのセミナーにてお伝えしております。各地にて一般公開しているセミナーにて、この基準となる評価ポイントとその修正エクササイズは全部お伝えしていますので、ご興味ある方は是非ご参加お待ちしております。 
 
 
モデルさん向けの内容のものは、一般公開しておりませんが、一般公開している内容を押さえた上で、モデル向けの歩行テクニックを解剖学的に紐解いたものを用意しております。特に重要な骨盤の動かし方がパターン分類されていますので、魅せ方によりどのように骨盤を動かしたらよいのか?などが明確になります。
 
 
【セミナー情報】
ウォーキングの基礎が学べる
◆re・Frame walking 歩行評価と修正アプローチ
・2018-12-16(日)大分開催
・2019-01-13(日)広島開催
・2019-03-17(日)横浜開催
https://rrr-style.com/cn25/pg108.html
 
 

関連記事
Posted by横浜・関内|骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚』スペシャリスト石井完厚