◆ふくらはぎ太りに関わる股関節と足関節の機能不全

横浜・関内|骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚』スペシャリスト石井完厚

-
IMG_20180717_171552_633.jpg
https://instagram.com/p/BFd_9d3pkaD/ Regrann from @catherine.kn -
 
◆ふくらはぎ太りに関わる股関節と足関節の機能不全

ふくらはぎ太りに悩むケースでは
-----------------
・むくみ太り
・脂肪太り
・筋肉太り
-----------------
がありますが、太腿などに比べると、ふくらはぎにおいては「筋肉太り」のケースも結構多くみられます。


またふくらはぎの周囲経自体はそれ程太くなくても、ふくらはぎの外側太りのシルエットで悩むケースも多いです。


これらの原因の一つとして
★足関節の機能不全
★股関節の機能不全
が挙げられます。


現場でよく見るのが、股関節が弱く・固くなり、その代償として足関節を使いすぎるケースです。股関節の大きな筋肉たちであればそれほど負担のない動作であっても、足関節周辺の筋肉にとっては十分に肥大する負荷となってしまいます。


またこの時、足関節の機能不全(=内側が固く、外側が緩くなる関節可動性の傾向)があると、大抵の場合、ふくらはぎの外側の筋肉に負担をかけて、外側が張り出してしまいます。


という訳で、ふくらはぎの筋肉太りを改善するには、
=================
⚫股関節の機能アップ
└お尻鍛える

⚫足関節の機能アップ
└内側の癒着改善と外側の安定化
=================
をおこない、股関節と足関節の機能を改善、かつ、歩行動作の正常化などをすることがオススメになります。


【セミナー情報】
足関節の調整方法が学べる
◆美脚コンディショニング
・2018-10-21(日)大阪開催
http://rrr-style.com/cn25/pg107.html


足部・足関節と美脚・美尻の関係性を学ぶ
◆PHI Pilates FESTA2018
O脚・X脚など下肢マルアライメントに対する評価と改善アプローチ
・2018-10-07(日)大阪開催
https://phipilatesjapanfesta.jimdo.com/
 
 
◆足部・足関節の歪みの評価と修正アプローチ
・2018-10-14(日)山口開催
http://sada-official.com/blog-entry-646.html
 
※山口開催は同日開催で
・セルライト除去プログラム
・美尻をつくる3つの法則
が開催となります。
http://sada-official.com/blog-entry-318.html


#美脚 #美姿勢 #体型分類 #コアクレードル #リップス #ちょいサポ #骨格ラインから美しい身体をつくる #RRRアールスリー #CoreCradleAcademy



|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催してます。

【RRRセミナー日程一覧は】
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html
 
【Craセミナー日程一覧は】
http://core-cradle.com/seminar/pg81.html
 
【@Sadaのセミナー日程一覧は】
http://sada-official.com/blog-entry-318.html




 

【追記】ふくらはぎ太りと神経系の関係性

地味にニーズの多いのが「ふくらはぎのシルエット調整」
---------------------
×ししゃもみたいな形を直したい
×アキレス腱の綺麗なラインがほしい
×浮腫みを取りたい
×セルライトを何とかしたい
×脛太り(前脛骨筋)を何とかしたい
×ふくらはぎの外側の張り出しを取りたい
---------------------
などの悩みが多いでしょうか?
 
 
浮腫み太りのように「栄養コントロール」が改善に必須なものもありますが、身体の使い方を変えるだけも大きな変化がでるのが、ふくらはぎの特徴だったりします。


特に「外側太り」「腓腹筋によるししゃもふくらはぎ」などはかなり変化がでます。また「浮腫み」にも関与するものですが、「アキレス腱の綺麗なラインが欲しい」という悩みも、足関節のアライメントが整うことでかなり変化する方もいます。
 
 
これはこのブログでも継続してお伝えしているコトですが、「関節の中心軸が正しい位置で動かない」状態で日常生活をしていると、うまく使われない筋組織などがでてきてしまい、その部分がタルんだり、周りの組織と癒着して動きにくくなったりと、何かしら不具合を起こしてしまうようになっているのです。
 

また関節がズレた状態で動くという事は、その関節を制御しているインナーマッスルが上手く働けていないことが多く、代わりに他の筋肉(主にアウターマッスル)が頑張り過ぎているケースが多いという事なのです。
 
 
ふくらはぎにおいては、足関節を制御しているインナーマッスルの
========
●長腓骨筋
●後脛骨筋
========
がしっかり働いていることがとても重要となります。
 
 
例えば、「長腓骨筋」が機能低下して働かなくなると、代わりに「腓腹筋の外側頭」が働きすぎてしまい、ふくらはぎの外側太りが起きてしまったりします。
 
 
また「後脛骨筋」が機能低下して働かなくなると、脛腓関節を閉じる力が弱くなり、足関節(距腿関節)の安定性が低下し、その影響で「腓腹筋」が働きすぎてしまい、「ししゃもふくらはぎ」が出来上がっていったりします。


こうした筋肉の機能不全以外にも、中枢神経による平衡感覚の制御が上手く調整できていないケースでも、ふくらはぎに過剰な収縮が生まれるケースもあります。
 

姿勢制御において、神経系としては、「体性感覚(皮膚感覚と深部感覚)」「視覚」「「前庭感覚」などが協調して働きながらバランスをとっているのですが、実は均等に機能している訳でなく、個人個人で、どの感覚器をメインしているかの「重みづけ」が違ったりします。


例えば、普段「視覚」に頼る姿勢制御をメインに使っている人で、「体性感覚」として足部・足関節周辺の感覚(触覚・圧覚・位置覚・運動覚)などをそれほど使ってなかったりすると、足関節の制御がうまくできないため、足関節を安定させるために過剰な筋収縮を生んだりするのです。
 
 
これらは小脳などで自動的に調整されているため、自分の意識に上ってこないので気づきにくく、そのため調整が難しいところなのですが、その仕組みを理解していけば結構簡単に調整していくことが可能になっています。
 

「ちょいサポ®」「リップス」を使った足部・足関節の安定化エクササイズなどは、実は足部・足関節の感覚センサーをしっかりと刺激してくれるので、「体性感覚による姿勢制御機能」を高めるのにとても有効に働いたりするのです。


ツールを使ったエクササイズで感覚を入力した後、目的とする動きへの転換をしていくことで、とても効率的に運動制御が変わっていきます。セッションの効率性のアップのために、是非これらのツールを使ってみてください。
( ゚Д゚)カナリコウカテキ!!


ボディメイクであれパフォーマンスアップであれ、中々結果がでない時は、筋骨格系以外に、こうした神経系の問題であったり、また栄養の問題、内分泌系の問題が絡んでいることがよくあったりします。今のトレーナー業界は、学ぶべき分野がとても多くなってきていますが、日々学びを深めながら、良いものをクライアントの皆様に提供していきたいものです。
(;゚Д゚)ベンキョウオワラネーヨ・・・
 
 
【セミナー情報】
足部・足関節の感覚センサーを目覚めさせる
◆ちょいさぽ®セミナー
・2018-10-07(日)大分開催
・2018-10-13(土)富山開催
・2018-11-23(祝金)横浜開催
https://core-cradle.com/seminar/pg435024.html
 
 
◆Lips-SC-™ベーシックセミナー
・2018-10-26(金)横浜開催
・2018-11-04(日)静岡開催
https://core-cradle.com/seminar/pg187.html



関連記事
Posted by横浜・関内|骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚』スペシャリスト石井完厚