◆膝関節の動的安定性と美脚

横浜・関内|骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚』スペシャリスト石井完厚

-
IMG_20180709_191316_662_2018092600212002c.jpg
https://instagram.com/p/Bk5vJYAgfzt/
 
◆膝関節の動的安定性と美脚

膝関節を痛めている人のケースとして、「最大屈曲位でのアライメント不全」がよく見られます。動作の途中までは、正しいラインで動いているのに、最終可動域のあたりで捻れが発生するパターンです。


特に膝を前に出すタイプのスクワットをする際に、最終可動域においてニーイン、トゥーアウト、ヒップアウトなどのエラー動作が顕著に出てきてしまい、これが膝の痛みやO脚・XO脚などの原因になっていることが多く見受けられます。

こうした膝を前に出してしゃがむ動作は、日常生活においては結構頻繁に起きている動作だけに、この動きの修正をすることは、コンディショニングとしてはとても重要な要素となってくるのです。

膝関節最大屈曲動作において、下肢のアライメント保持ができるようなトレーニングを現場に入れ込んでみてください。取り切れない膝関節の歪みは、実はその最終域でのコントロール不全が原因なのかもしれません!
(゜ロ゜)ケッコウオオイケースデス!


【セミナー情報】
膝関節の歪み改善と機能改善を学ぶ
◆膝関節痛パッケージ
・2018-12-01(土)横浜開催
http://core-cradle.com/seminar/pg363.html


O脚・X脚・XO脚の改善方法が学べる
◆美脚コンディショニング
・2018-10-21(日)大阪開催
http://rrr-style.com/cn25/pg107.html


PHI Pilates FESTA2018
◆O脚・X脚など下肢マルアライメントの評価と改善アプローチ
・2018-10-07(日)大阪開催
https://phipilatesjapanfesta.jimdo.com/


|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催してます。

【RRRセミナー日程一覧は】
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html
 
【Craセミナー日程一覧は】
http://core-cradle.com/seminar/pg81.html
 
【@Sadaのセミナー日程一覧は】
http://sada-official.com/blog-entry-318.html

【追記】
 
O脚・X脚・XO脚などの膝関節の歪みは、膝関節自体に原因があることは少なく、骨盤・股関節・足関節のコントロールが上手くできないことで起きていることが多いと言えます。ただし長期間、歪みが継続している場合は、当然ですが、膝関節周辺組織の変性も起きていることが多く、そういった場合は、膝関節自体へのアプローチも必要になってきます。


膝関節が不安定になり、損傷しやすいのは、「脛骨に対し大腿骨が内旋した状態」であり、これは膝関節において「関節の弛みのポジション」にあたります。

※大腿骨に対し脛骨が外旋している形状でもあるため、「脛骨外旋症候群」とか「下腿外旋症候群」などと呼ばれたりしますが、現場においては、脛骨を固定し、脛骨に対する大腿骨の外旋修正をすることが多いため、この脛骨と大腿骨の歪みは「大腿骨内旋症候群」とイメージしていたほうが、適切なアプローチに繋がるのではないかと勝手に思っております。


膝関節を正しいアライメントにキープするには、「脛骨に対する大腿骨の回旋コントロール」がとても大事であり、必然的に「大腿骨をコントロールする股関節の筋肉たちの働き」が重要になるのは分かると思います。


その中でも「深層外旋六筋」や「大殿筋下部繊維」はとても重要な働きをしており、内旋方向に歪みやすい大腿骨を正しい位置にホールドしてくれるメインの筋肉となるのです。


また股関節筋群が大腿骨の回旋コントロールをする際に、足部・足関節が不安定だと、股関節の動きに負けて足関節と脛骨が捻じれてしまい、やはり膝関節に歪み生じさせてしまいます。そのため膝関節を正しいアライメントにキープするには、「足関節の安定性」もとても重要となります。


その安定化に働く筋肉のメインは「腓骨筋群」と「後脛骨筋」であり、足関節の内反・外反の安定に強く働いてくれているのです。
 
 
膝関節の捻じれを改善するには、こうした股関節や足関節の協調関係を回復させ、正しいラインで関節運動が起きるように、下肢全体の動きのコントロールをきっちりとやっていくトレーニングが大事になるのです。
 
 
※ちなみに、股関節の回旋に合わせ、ある骨盤の動かし方をすると、膝関節への回旋ストレスを劇的に減らすことが可能になります。この使い方を知ると、内部での力の方向や筋肉の使い方が全く変わり、動作パターン自体が大きく変化していきます。ここに関しては、これまであまりお伝えしていない情報になるのですが、今後セミナーに入れ込んでいきたいと思っております。
 
 
【セミナー情報】
骨盤の安定と動的コントロールを学ぶ
◆Lips-SC-™ベーシックセミナー
・2018-10-26(金)横浜開催
・2018-11-04(日)静岡開催
https://core-cradle.com/seminar/pg187.html


腰部アーチ・頸部アーチ・足底アーチの安定化に
◆ちょいサポ®セミナー
・2018-10-07(日)大分開催
・2018-10-13(土)富山開催
https://core-cradle.com/seminar/pg435024.html


関連記事
Posted by横浜・関内|骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚』スペシャリスト石井完厚