◆美脚をつくる股関節の制御と綺麗な歩き方

横浜・関内|骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚』スペシャリスト石井完厚

-
IMG_20180703_184233_364_201809190106582be.jpg
https://instagram.com/p/0C6XbBKN6Y/

◆股関節の制御と綺麗な歩き方


美脚をつくるには「ウォーキング」が綺麗にできる必要があります。綺麗なウォーキングのためには、股関節の制御能力が重要であり、それは股関節の内外旋の機能を高めると言うことになるのです。


しかし多くの女性において、股関節の内旋筋群(恥骨筋など)が固くなり、また外旋筋群が弱くなる傾向があるため、歩行時の制御が効かず、O脚や膝下O脚をつくる原因になっているのです。


股関節の外旋は、お尻の筋肉たちが担当しているので、この部分をしっかりと鍛えておく必要があります。まずはお尻をしっかり鍛え、ウォーキングの際に、それらお尻の筋肉たちを使えるようにトレーニングをしてみて下さい。知らないうちに脚のラインが綺麗になっていきます。


【セミナー情報】
ウォーキングの基礎を学ぶ
◆re・Frame walking 歩行評価と修正アプローチ
・2018-10-20(土)横浜開催
・2018-12-16(日)大分開催
http://rrr-style.com/cn25/pg108.html
-
-
股関節の制御エクササイズを学ぶ
◆re・Frame exercise®美脚コンディショニング
・2018-09-24(月)横浜開催
http://rrr-style.com/cn25/pg107.html
-
-
下肢マルアライメントの評価と修正を学ぶ
◆PHI PILATES JAPAN FESTA2018
・2018-10-07(日)大阪開催
https://phipilatesjapanfesta.jimdo.com/
-
-
【下記の追記を是非お読みください】
-
-
【スタジオ情報】
トレーニング希望の方はお問合せください。
http://sada-official.com/blog-category-48.html


|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催してます。

【RRRセミナー日程一覧は】
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html
 
【Craセミナー日程一覧は】
http://core-cradle.com/seminar/pg81.html
 
【@Sadaのセミナー日程一覧は】
http://sada-official.com/blog-entry-318.html


【追記】

綺麗な歩き方のために股関節のトレーニングは必須であり、股関節を強く柔らかく保つことがとても重要となります。
 

股関節に起こる典型的な問題として、「関節の付け根の部分が弛み、大腿骨頭がズレながら動いてしまう」という傾向があります。関節の軸がズレて動くために、大腿骨頭と関節唇がぶつかったり、周辺の組織を巻き込んだりする結果、組織が損傷し、かつ可動性が低下してしまうケースが多いのが特徴だと言えます。
 

多くの場合、股関節は前方にズレやすく、その状態で動いていると、大腿骨頭が前方の繊維にぶつかるため鼠蹊部痛がおきやすくなりますが、それ以外にも美容的にも多くの問題を引き起こし、
-----------
×お尻のたるみ
×内モモのたるみ
×前モモ太り
×外モモ太り
×大転子の出っ張り
×鼠蹊ラインの下降
-----------
などの原因になったりしているのです。


そのため股関節のトレーニングの際には、いきなり負荷の高いトレーニングをするのではなく、最初に「大腿骨頭の中心軸制御」の為の「関節制御トレーニング」をいれていくことが必須となるのです。


逆に言うと、高負荷のトレーニングをしっかりとしているのも関わらず、お尻の下部や内転筋のタルミが取れないケースでは、大腿骨頭がずれている可能性を考えたほうが良いかもしれません。お尻のタルミが取れないために、負荷を上げてお尻のボリュームをつけて何とかしようとすると、身長比率に合わない爆尻ができてしまうので注意が必要です。
( ゚Д゚)ヒップノリソウチハ「身長×0.54」
 
 
股関節の中心軸制御のためには、股関節のインナーマッスルの活性化と共に、股関節周辺(特に後方組織)の関節包や靭帯などの柔軟性の回復が必要となってきます。
 

インナーマッスルの活性化においては、「外旋六筋」「恥骨筋」「小殿筋」などを「低負荷で、収縮感覚をしっかりと感じ取りながら」鍛えていけば大体OKです。ただし、この時はできれば骨頭が寛骨臼にハマり込んだ状態で鍛えないと、正しい関節制御の運動パターンは手に入らないことが多々あります。簡単にいうと「股関節がハマった状態で鍛えろ」ということです。
 
 
そうなると、大腿骨頭を寛骨臼にはめ込むためのエクササイズが必要になってきます。一般的には四つ這い位で、お尻を前後に動かす「ヒップスライド」とか「ロッキング」などと呼ばれるエクササイズが選択されると思います。しかし、皆様も経験していると思いますが、これだけでは上手くはめ込めないことが現場では多いです。


そのため、効果的に大腿骨頭のはめ込みをおこなうには、「触診にて股関節の状態をモニタリングしながら、股関節のハマりの状態を確認し、その状態をキープしたまま、正しい動作パターンで動いてもらう」ということを、仰向け・うつ伏せ・横向き・四つ這い・座位・膝立ち・立位など、あらゆる姿勢にておこなうことが重要になってくるのです。
 

股関節の制御が正しくできるようになると、当然ですが痛みも出なくなりますし、お尻や内転筋のタルみも解消していきます。その上で、その人の目的に応じたお尻の筋肉のボリュームを付けていくことが、一番綺麗なラインをつくる秘訣になるのです。
 

今までのトレーニングで思ったほど効果がでていない方は、もう一度、細かな股関節制御に目を向けると、ちょっとしたことで大きな変化が生まれるかもしれません。是非ご自身の股関節をもう一度見直してみてください。


【セミナー情報】
股関節の制御機能の高め方を学ぶ
◆3step7exercise 股関節痛に対する機能改善パッケージ
・2018-11-17(土)横浜開催
https://core-cradle.com/seminar/pg362.html

関連記事
Posted by横浜・関内|骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚』スペシャリスト石井完厚