◆綺麗な鎖骨のラインをつくる

    IMG_20180410_014402_429.jpg
    ◆綺麗な鎖骨のラインをつくる

    胸元が綺麗に見える女性は、例外なく鎖骨のラインが綺麗に出ている。

    鎖骨のラインを綺麗に出すには、胸郭と肩甲骨の位置を整える事が重要。

    鎖骨は前額面において「床と水平~遠位側が5°挙上」であり、水平面において「遠位側が20°~25°後方」になっているのが正常アライメントとされる。
    (゜ロ゜)ヨイシヒョウニナリマス



    【セミナー情報】
    胸郭・肩甲骨・鎖骨の整え方を知る
    ◆re・Frame exercise®胸郭・頸部コンディショニング
    ・2018-06-24(日)大分開催
    ・2018-09-01(土)横浜予定
    http://rrr-style.com/cn25/pg112.html


    #体型分類 #美姿勢 #美脚 #コアクレードル #リップス #ちょいサポ #骨格ラインから美しい身体をつくる

    Regrann from @modchannel -
    https://instagram.com/p/4R5pfelgQk/


    【スタジオ情報】
    トレーニング希望の方はお問合せください。
    http://sada-official.com/blog-category-48.html


    |美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




    各地にて開催してます。

    【RRRセミナー日程一覧は】
    http://rrr-style.com/seminar/pg81.html
     
    【Craセミナー日程一覧は】
    http://core-cradle.com/seminar/pg81.html
     
    【@Sadaのセミナー日程一覧は】
    http://sada-official.com/blog-entry-318.html





    【追記】
     
    ◆鎖骨ラインの左右差を改善するには?
     
    鎖骨のラインが綺麗にでていると、胸元のラインはより美しくみえます。
     
    他の部位ほどニーズは高くないのですが、気になっている人にとっては、強い改善希望を持っている部位でもあります。
     
    鎖骨の問題で一番よく聞くのは
    ・肩鎖関節の出っ張り(片側だけ飛び出している) 
    ・胸鎖関節がズレている
     
    つまり鎖骨のラインの左右差がでており、それがシルエットとして気になるといった部分です。
     
    ちなみに「鎖骨が埋もれている」というのは、クライアントさんから聞くことはほとんどありません。
    (;゚Д゚)キキソウデキカナイ
     
     
    まず胸鎖関節のズレに関してですが、これは胸郭全体の捻じれを改善していく必要があります。
     
    特に上部肋骨の上方回旋と下方回旋の左右差がでていると、それは胸骨の傾きを生み出し、それが結果として鎖骨の付け根の位置の左右差をつくってしまうのです。
     
    つまり改善には、上部肋骨の調整を通した「胸骨」のアライメント調整が必要になるのです。
     

    そしてよりニーズの多い肩鎖関節のズレですが、実はこれは肩甲骨アライメントの歪みとして多い
    ★肩甲骨の前傾・外転・下制アライメント
    を原因としているケースが多かったりします。 
     
    この肩甲骨の位置は、肩甲骨の関節窩が前方下方を向くIAGと言われるポジションの一つであり、肩甲上腕関節の不安定性も出やすい位置だと言えます。
     
    このポジションに肩甲骨が慢性的にあると、肩鎖関節周辺の組織も靭帯などが伸ばされ、ズレがなおりにくくなってしまいます。

    という訳で、肩鎖関節のズレの修正には、肩甲骨アライメントの修正がまずは必要になるのです。
      

    その際の大事なポイントとして、
    ★肩を下げ過ぎない
    よう注意してください。
      

    わざわざ書くのは、「肩甲骨を安定させるためには、肩を引き下げる」と覚えている人が多いからです。
     
    これはケースによっては逆効果になることが多々あります。実際に現場でも肩を下げ過ぎて問題を起こしているケースには頻繁に遭遇します。
     

    肩甲骨を正しい位置で安定させるには「挙上」の機能も必要になります。
    そして肩鎖関節のズレを修正するには、ほとんどのケースで若干の「挙上」が必要になるのが実際です。
      
    ※「下制」させることが悪いわけではないのですが、偏った機能の強化は結果として身体のバランスを崩すことになります。
     
     
    ちょっとした検査法を使うと、ズレの位置の正しい修正ポジションがわかります。単純な改善方法としては、その位置で肩甲骨をホールドすることが、肩鎖関節のズレの修正になるのです。
     
    日常生活において、きっちりと肩甲骨のアライメントキープをしておくと、3か月程度でかなりズレがなくなっていることに皆さん気づきます。
     

    日々の生活の癖が身体のシルエットを変えていってるのです。
    ちょっとしたアライメントを意識して生活をしてみてくださいね!
    (・∀・)ヒビガダイジ!
     
     
    【セミナー情報】 
    肩甲上腕関節のアライメント修正に関して学ぶ
    ◆肩関節痛パッケージ
    ・2018-06-09(土)札幌開催
    ・2018-07-14(土)京都開催
    ・2018-07-29(日)横浜開催
    https://core-cradle.com/seminar/pg356.html

    関連記事