【美脚×黄金比×骨格ライン】理想値と骨格ラインと

     みなさん、こんにちは
    骨格ラインから美しい身体をつくる美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです。


    6/3(土)大分県別府市にて
    ◆re・Farme exercise®~美脚コンディショニング~
    のセミナーを開催いたしました。


    主催のStudio B-five松川トレーナー
    いつもありがとうございます。

    2IMG_20160325_144326.jpg 

    さて、この美脚コンディショニングの冒頭でいつもお話しをさせて頂く内容なのですが、「美脚」の定義として何点か押さえておくべき点があります。

    ==================
    ①骨格ラインが整っていること
    ②適正な筋肉量・脂肪量があること
    ③むくみ・セルライトが無いこと
    ④下肢の関節に痛みが無いこと
    ==================
    この4つの条件を満たしていれば、間違いなく美脚であることは想像できると思います。


    一般的にパーソナルトレーニングにおいては、新規クライアントの方は大抵の場合「脚を細くしたいんです!」と、細くすることを求めてくることが多いと言えます。うちの場合は、私がこんな記事を書いているせいか、すでに細い人が「脚の形を綺麗にしたい」という感じでくることも多いですが(笑)


    ただ現実的には、現場のケースにおいて、細くするだけでは綺麗にならないことが多くあるのが実際なのです。これは実際のケースですが、ある新規クライアントさんが「太ももを細くしたい」という要望でパーソナルセッションに来られた話しです。


    そのクライアントさんは、私の目からみるとすでに十分な細さになっており、恐らく黄金比に近いサイズに見えていました。しかしご本人の目には太く映っているんですよね。だから細くしたいということなのですが、実はきちんと測定をしていくと、ご本人が「太ももが太い」と感じてしまう理由がきちんとあったのです。どういうことか?ですが、


    身体には黄金バランスが存在し、そのバランスが整っているほど人間の目には「綺麗」に見えるようになっています。その黄金比の数値より細すぎても太すぎても、あまり綺麗には見えなくなるのです。


    下肢の黄金比の数値は
    =============
    ◎お尻  :身長×0.54
    ◎太もも :身長×0.31
    ◎ふくらはぎ:身長×0.2
    =============
    これは略式の数値ですが、大まかにはこの数値で計測してOKです。その他に、全身のサイズ測定に、BMIやLBMの計算などもして理想体重の設定などもおこなっています。

    18891499_1346210118765575_8020595775301416738_o.jpg 

    先程のクライアントさんは、これらを測定結果からみると、お尻とふくらはぎは黄金比よりもかなり細く、ふとももはほぼ黄金比の数値となっていました。もうお分かりだと思いますが、お尻やふくらはぎと比べると、どうしてもご本人の目には「太ももが太い」という風に見えていた訳です。


    結果として、このクライアントさんは、お尻のボリュームアップを中心に、太ももは栄養指導による体脂肪率の減少と若干の筋ボリュームアップ、そしてふくらはぎもボリュームアップに取り組みました。もちろん最初はクライアントさんも「ボリュームを増す」ことに不安があったようですが、鍛えていく過程において、明らかな脚のラインの変化が起きてきたことから、すぐに安心してトレーニングを継続できるようになったようです。


    なぜ脚のラインが変化してきたのか?という所が大事なのですが、これが美脚セミナーでお伝えしている内容でもある「骨格ラインの調整」の部分になるのです。


    このクライアントさんは、結構なO脚であり、そのため太もも太り以外にも、見た目のラインも気にされていました。そのためお尻のボリュームアップなどよりも先に、このO脚の歪みの改善に着手していったのです。一時的な歪み改善は1回のセッションでも起こります。(※定着には半年~1年などある程度の期間がかかりますが、即時効果はある程度でます)そうすると、歪みが少なくなった状態で自分の脚のラインを見た時に、筋肉の付き方のバランスの悪さに気付いてしまったのです。
    ( ゚Д゚)ワタシノオシリヘナチョコヤン
     
     

    はい、ここが凄く大事な部分なんですよね。美脚メイクを筋のボリュームだけで調整しようとすると、中々綺麗なラインにならないことが多くでてきます。そういった時は、身体の土台となる骨格ラインが歪んでいることがほとんどなのです。そして骨格ラインが歪んでいる人の身体は、筋肉のボリュームがでる位置が、正しい骨格ラインの人に比べて、大分違っているのです。大体は太ももの外側か前側が膨らむような感じで張り出してくるのです。
     

    このクライアントさんにも同じことが起きていたのです。なので骨格ラインを整えたら、気になってたO脚の改善と、そして太もも外側の張り出しが無くなって見えたのです。それで「太ももが細くなった」という感想が出てきたのです。そして同時に気付きます。「お尻のボリュームがなくノッペリしている」と。


    はい、なので私が理論武装してこのクライアントさんを説得して、無理矢理にボリュームアップに向かわせたのではなく、骨格ラインの歪みを改善した結果、ご自身の身体のバランスの悪さに気付いてもらえたからこそ、自主的に取り組まれだしたのです。
     
     
    という訳で、「骨格ラインを整える」ということには、そういった絶大な効果があったりするのです。正しい土台ができた時に、自分の目に映る自分の身体がどんなバランスになっているのか?そこを意識してボディメイクをおこなっていくと、ご自身が望む身体に少しでも早く近づけるのではないかと思っております。
     
     
    この美脚セミナーでは、その土台となる「骨格ラインを整える」をコンセプトに内容が構成されており、その効果がでる理由などがすべて解剖学的な面から説明をしております。ただ闇雲に鍛えるというのではなく、最も効果的に、脚の歪みを改善していくには?という部分にこだわったプログラムになっているのです。
     
     
    この美脚セミナー、今後も各地で開催を予定しております。導入となる2時間のショートセミナーと6時間の本セミナー(level1)が一般公開のセミナーとして各地で開催しております。
     

    少しでもご興味ありましたら、ご都合のあう日程で是非ご参加おまちしております。
    ( ゚Д゚)マッテマース



    【近日開催のセミナー】
    ・06-10(土) 体型分類メソッド(横浜)
    ・06-10(土) ちょいサポⓇセミナー(横浜)
    ・06-11(日) 3step7exercise~美顔コンディショニング~(横浜)
    ・06-11(日) 3step7exercise~猫背をなおす3つの法則~(横浜)
    ・06-17(土) re・Frame walking~歩行評価と修正アプローチ~(横浜)
    ・06-18(日) 3step7exercise~美脚をつくる3つの法則~(富山)
    ・06-18(日) 3step7exercise~股関節痛パッケージ~(富山)
    ・06-24(土) CoreCradleBasicセミナー(横浜)
    ・06-24(土) Lips Basicセミナー(横浜)
    ・07-01(土) Cra&Lips共通カリキュラム 理論編①②(新潟)
    ・07-02(日) ちょいサポⓇセミナー(新潟)
    ・07/08(土) Cra&Lips共通カリキュラム 理論編①②(横浜)
    ・07-09(日) re・Frame exercise~美脚コンディショニング~ 


    【セミナー日程一覧は】
    http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-318.html



    |美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




    各地にて開催中!
    美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
    ワークショップの日程はこちらから


    【セミナー情報】

      ⇒セミナー日程一覧 

          
    RRR・Craセミナーの日程は
    下記リンクにてご確認ください。


      RRRホームページ 
    http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


    CoreCradleRAcademyホームぺージ
    http://core-cradle.com/


    関連記事