胸鎖関節の関節構造と動き

    みなさん、こんばんは
    『美姿勢・美脚』スペシャリストのSadaです


    本日のお題は「胸鎖鎖関節の動き」に関してです。
    肩甲骨の動きに大きく関与するこの関節について、少し見ていきたいと思います。

    胸鎖関節 



    まず、この胸鎖関節は「鞍関節」という関節に分類されます。
    ちょうど馬の背中に載せる「鞍」の形をしているからです。

    th.jpg 

    この鞍関節は関節運動において、ちょっと変わった動きをします。
    どのように変わっているのかと言うと、動きに応じて、関節の凹凸面が交代するということです。

    -------------------------------------------------------------
    【水平面上の動き】=鎖骨の前方移動・後方移動
     ⇒胸骨柄が凸面、鎖骨が凹面

    【前額面上の動き】=鎖骨の挙上・下制
     ⇒胸骨柄が凹面、鎖骨が凸面
    ---------------------------------------------------------------

    何が重要かというと、肩甲骨や上腕骨の動きを起こす際に、この胸鎖関節の動きが理解できているのと、できていないのでは、まったく動きのスムーズさが違ってくるからです。

    また慢性の肩こりの方などでは、この胸鎖関節の可動性がかなり悪くなっており、また上方変位などのズレを起こしていることが多々あります。


    現場では、この関節運動に基づく正常な動きを誘導するために、
    ・例えば、肩甲骨の挙上運動に合わせて、胸鎖関節に近い鎖骨部を指で軽く下方に押し下げて、関節運動のサポートをしたり、

    ・例えば、肩甲骨の内転運動に合わせて、胸鎖関節部の鎖骨面を後方に軽く押し込んだりなどと、関節運動をサポートをしていくことで、エクササイズの効率をあげたりできます。


    変位したまま固くなっている場合は、結構「ポキッ」という感じで、ズレが修正されたりもします。

    ※ちなみに鎖骨の回旋は組み合わせでしか起きない関節運動であり、
    ・挙上-後方移動-上方回旋
    ・下制-前方移動-下方回旋

    という運動パターンとなっています。

    肩関節障害のクライアントさんは、この胸鎖関節の動きも問題を抱えているケースが多いので、時々注意して見てください^^




       |美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




    各地にて開催中!
    美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaのワークショップの日程はこちらから
               
    【セミナー情報】
      ⇒セミナー日程一覧 

                 
    RRRセミナーの全日程は下記リンクにてご確認ください。
      RRR公式ホームページ 
    http://rrr-style.com/seminar/pg81.html



    関連記事