骨盤の対称性が大事な理由

    みなさん、おはようございます。
    『美姿勢』スペシャリストの@Sadaです^^

    ロンドンオリンピックを見ているため、毎夜寝るのが遅くなってしまいます(-_-)゜zzz…
    柔道をみていたのですが、ほんと選手のみなさん頑張ってますね。

    金メダルとれる実力があっても、やはりその時の調子あるでしょうしね。

    僕も昔柔道をやっていたので、他の競技よりつい見てしまうという感じです。
    一応僕も2段まで持っていたんですよね~(。-∀-)


    さて、それでは今日は、骨盤の続きです。


    ◆骨盤の機能 :骨盤の対称性が大事な理由


    対称性の大事な理由

    骨盤が対称性を保っていればいるほど、関節にかかる力が均等になり、力が均等に分配されることで、腰椎や仙腸関節、股関節などの関節にかかる負担が少なくなる。

    そのため骨盤の対称性を改善することは、姿勢の改善だけでなく、痛みの改善にも重要な要素となる。

    その点から骨盤を見ると、「骨盤の歪み」と言われるものには2つのパターンがある。
    ・骨盤内部(骨盤輪)の捻れ=仙腸関節や恥骨結合がズレて捻れている
    ・骨盤全体(骨盤帯)の歪み=右寛骨が挙上-左寛骨が下制など。

    骨盤の評価を難しくしているのは、この2つの歪みが複合して起きているためである。
    そのため、骨盤の状態を正しく評価するには、これら2つの歪みを個別にみるスキルが必要となる。

    ではまず「骨盤内部の捻れ」に関して見ていこう。

    骨盤の捻じれ

    骨盤内部の捻れは2つの形態がある。
    ・右寛骨前傾-左寛骨後傾
    ・右寛骨後傾-左寛骨前傾

    仙腸関節には可動性があり、捻じれること自体では問題は起きない。
    問題がおきるとすれば、この捻れの際に、仙骨が法則に従って動かない場合である。

    本来であれば仙骨は、左右の寛骨の捻れに従うように特定の動きをするようにできている。
    ・右寛骨前傾-左寛骨後傾 ⇒仙骨は「左回旋&左側屈」
    ・右寛骨後傾-左寛骨前傾 ⇒仙骨は「右回旋&右側屈」

    ※仙骨が法則通りに動いていれば、左右のPSISを結んだラインと仙骨稜(仙骨の真ん中の突起ライン)を結んだラインが「Tの字」になっている。


    このことから骨盤内部の歪みを見る際は、
    「左右の寛骨の捻れ」を見る+「仙骨が法則通りに動いているか?」を見る
    というのが必要になってくる。


    =============================================================
    【Point! 骨盤の対称】
    ・骨盤内部の捻れと、骨盤全体の歪みの2つが複合している
    ・骨盤が捻じれるのは当然の機能であり、それ自体では痛みなどは起きない。
    ・問題がおきるのは、仙骨の動きが法則から外れている場合
    =============================================================



    骨盤に関して詳しい知識を知りたい方へお奨めのセミナーです。

    【セミナー情報】
    ◆骨盤の機能解剖と歪みの評価

    セミナーの日程は下記リンクにてご確認ください。
    RRR公式ホームページ :http://www.rrr-style.com/cn25/pg109.html



    関連記事