「姿勢分析」&「スタビライゼーション」講習会

    みなさん、こんにちは^^
    コア系トレーナーのさだです。

    11/16(日) I.c.s第2サロンにて「姿勢分析」&「スタビライゼーション」の講習会を開催しました。

    mFILE0264.jpg mFILE0265.jpg mFILE0266.jpg

    「姿勢分析」は今回で第4回目の開催となります。
    今回はテキストを一新しての開催となりました。

    トレーナーの方からPTの方、柔道整復師の方々まで、幅広い職種の方が参加してくれました。
    私もそうだったのですが、姿勢分析というとなんだか難しい感じがしてしまいます。
    やはり苦手意識を持っている方が非常に多い分野といえます。

    今回は「グローバルな姿勢分析法」の講習であり、身体を4つのブロックに分け、重心ラインと各ブロックの相関関係から筋バランスや歪みの原因を探りだす方法を行ないました。
    3時間と短く、多くの情報量は伝えきれない為、最も基礎的な考え方をお伝えして終わる形になりましたが、分析の考え方さえ分かれば、現場では非常に利用価値が高いのではないでしょうか?
    みなさん、どんどん分析をおこなって、経験値を上げてください。


    午後からは「スタビライゼーション」のセミナーです。
    sFILE0143.jpg sFILE0147.jpg sFILE0152.jpg
    ※写真はテキストからのものです。

    これも午前に引き続き、ほとんどの方が参加して頂けました。ありがとうございます。
    コアのトレーニングにおいても、型ばかり習って、肝心のコアの機能や機能異常の知識を知らない方が非常に多く見受けられます。
    「お腹引っ込まして、腹横筋とかコアの筋肉効かせればいいんでしょ?」
    多くの人がこんな感じの理解で終わっている感じですね。

    機能異常が起きた場合にどんな反応を腹横筋や多裂筋が起しているのかを、深く掘り下げて説明をしていきました。
    機能異常の出方によってはアプローチ法を変えねばなりません。
    それなのに、すべてにおいてただ「お腹を引っ込ます」しか出来ないのでは、十分なアプローチとはとても言えないのはわかると思います。

    ここの知識をしっかりとまとめることにより、通常時のセッションにおける、クライアントさんに対するアプローチが大きく変わってくるはずです。

    やはり3時間と短く、最も重要なポイントをお伝えすることで終わってしまいました。
    5時間くらいの講習にしていかないと、十分の理解が進まないかもしれませんね。

    今後フォローアップの講習も開いていきたいと思っています。
    今回受講された皆さんも、是非現場で色々と利用してみてください。
    しっかり意識して行なうことで経験値があがり、クライアントさんの代償運動なども見逃さずに修正できるようになると思います。

    何かわからないことが出たらすぐにご連絡くださいね^^
    いつでもお待ちしております。



    ブログランキング登録中!
    ブログランキングへ 人気ブログランキング
    にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ健康ブログランキング

    ↑応援クリックありがとうございます↑

    関連記事

    この記事へのコメント

    管理人のみ通知 :

    トラックバック