◆くびれと回旋動作と腹横筋

-
◆くびれと回旋動作と腹横筋ウエストのクビレを作るために、捻り系のエクササイズがよく行われる。一般には腹斜筋による引き締めと思われているが、影の主役は実は腹横筋。腹横筋は回旋動作に対して骨盤・腰部の安定化のために収縮を起こし、腰椎の安定性を保つように働く。適切に働けば、腹横筋下部繊維と中部繊維は「胸郭回旋方向の対側」が収縮し、上部繊維は「胸郭回旋方向の同側」が収縮する。※胸郭が右回旋時、下部・中部繊維...

◆くびれとお尻と肩幅の関係性

-
◆くびれとお尻と肩幅の関係性実際の測定値はそれ程細くないのに凄くウエストがくびれて見えるケースがある。そういったケースでは、「肩幅:ウエスト」「お尻:ウエスト」のバランスによる錯覚が起きている。ちなみに「お尻:ウエスト=10:7」が綺麗の基準となるが、「お尻:ウエスト=10:6」とかになると、ウエストは超細く見えてしまう。生まれつきの骨格の影響で、ウエストを細くする事に限界があるケースでは、他の部位のボリューム...

◆お尻と脚痩せの関係性

-
◆お尻と脚痩せの関係性お尻の周囲径の黄金比サイズは「身長×0.54」お尻のボリュームが少なくなると相対的にフトモモが太く見えてしまう。 脚痩せをする前にお尻のボリュームが適正サイズかチェックしてみよう。もしお尻のサイズが黄金比よりも小さい場合はまずはお尻のボリュームをつけることを考える。太もものサイズも同時にチェックする。太ももの黄金比は「身長×0.31」  お尻と太ももの身長比率における実寸を考えながらどの...

◆美脚つくりと足部アライメント

-
◆美脚つくりと足部アライメント美脚をつくるためには、足部アライメントを整えることは必須となる。その中でもO脚や膝下O脚の原因にもなっている「踵骨」と「距骨」の修正は絶対に外せないところ。ここが上手く調整できると、お尻や内モモ、そしてふくらはぎが引き締まり、綺麗なシルエットができる。【セミナー情報】足部アライメントの評価と修正法が学べる◆美脚コンディショニング・2018-06-03(日)横浜開催・2018-07-21(土)...

【re・Frame exercise®骨盤・腰部コンディショニング】4/8終了しました。

-
 ◆re・Frame exercise®-骨盤・腰部コンディショニング- RRRメソッドの基本となる「re・Frame exercise®」の最初のセミナーとなります。基本メソッドとして、このセミナーの大枠ができたのがもう10年近く前。当時コアトレーニングが流行り始めた頃になります。 現在においては、その間にでてきたエビデンスなどを元に、微調整を繰り返しながら、効果的に骨盤・腰部を正しいポジションに安定させる方法をお伝えしております。...