◆股関節と美尻と美脚の関係性

-
◆股関節と美尻と美脚の関係性股関節のトレーニングは女性のボディメイクには必須。股関節の関節中心軸が制御され、正しい動きが出来ると、関節がはまり込みお尻のラインが綺麗に、かつ膝下O脚などの膝の歪みの改善にも効果を発揮する。股関節の関節制御が得意なのが、●外旋六筋 小さな深部筋のため無視されがちだが、この筋肉を正しく鍛えると・股関節がはまり込み・膝関節の歪みの改善・足関節の歪みの改善などがされていく...

◆ウエストがとにかく細い :A型体型 Type TS1-PG1-WG

-
◆A型 Type TS1-PG1-WS身長に対して黄金比サイズの骨盤とスレンダーサイズの胸郭を持つA型体型。  骨盤はナチュラルサイズとゴールデンサイズのちょうど境目。胸郭は両手を挙げているため少しワイドに見えているが中腋窩線のところでみるとスレンダーサイズ。骨格形状は骨盤胸郭共にType1。スレンダーサイズの胸郭でType1の骨格形状だとウエストがかなり細くなる。【セミナー情報】体型分類の仕方が学べる◆体型分類メソッドセミナ...

◆二の腕を引き締めるには?

-
◆二の腕を引き締めるには?気になる二の腕のタルミを引き締めるには、ズレている「肩甲上腕関節」の歪みを改善することが早道。肩甲骨の関節窩に対して上腕骨頭が前方にズレると、上腕三頭筋は筋長が長くなり、たるんだ状態になりやすい。関節を整えないまま鍛えると、二の腕は引き締まらず、逆に大きく逞しくなるケースすらある。肩甲骨の関節窩に上腕骨頭を正しくハメるには、筋肉で言えば「肩甲下筋」と「三角筋後部繊維」の強...

◆身体を綺麗にする呼吸は鼻呼吸

-
◆鼻呼吸が身体に及ぼす影響平常時においても、エクササイズ時においても、呼吸の基本は「鼻から吸って、鼻から吐く」純粋な呼吸器は鼻であり、口呼吸にはないメリットが多くあるのはエビデンスとして多く示されている。特にしっかり吐くことが大事。口呼吸では、吐ききる前に気管が閉まっていき、吐ききることが難しくなるが、鼻呼吸であれば最後まで吐ききることができる。鼻から吸い、鼻からしっかり吐ききる事で、血中の二酸化...

◆お尻の形と骨盤の歪み

-
◆お尻の形と骨盤の歪みトレーニングしてお尻を引き締めても、左右差が大きく出ているケースを多くみかける。こういったケースでは、骨盤が歪んだままの状態でトレーニングを繰り返していることが原因になっていることが多い。どうせ鍛えるのなら、骨盤を整えた状態でお尻を鍛えていこう!【セミナー情報】骨盤の歪みを簡単に改善するツール◆コアクレードルBasicセミナー・2/24(土)富山開催・3/3(土)横浜開催・3/4(日)大分開催・4/2...

◆デコルテラインを美しく

-
◆デコルテラインを美しくドレスを着る時にデコルテラインが落ちていると、ちょっと残念な感じになってしまう。背中が反り過ぎないように注意しながら、・上部肋骨を持ち上げ・首の後ろを伸ばし・鎖骨を真横に広げるように姿勢を作ってみよう。日々この姿勢を意識してつくるだけでも猫背姿勢が改善し、綺麗なラインが出来ていく。【セミナー情報】猫背を根本からなおす◆猫背をなおす3つの法則・3/4(日)横浜開催・4/22(日)富山開催⇒h...

【ちょいサポⓇ×腰部アーチのサポート】

-
昨年の年末にバスケ協会が「腹筋運動(上体おこし)は推奨できないトレーニング方法」とし、それがニュースとなり、多くのトレーナー達がSNSで色々と書いていたのは記憶に新しい所だと思います。 スチュアートマクギル氏の著書を参考にそのような方針になったとのことですが、これにより少しでも腰痛に悩むアスリートが減るなら何よりです。日本語版の初版が2005年(英語の原本は2002年発売)に出ているのを考えるとかなりのタイ...

◆綺麗に歩くには歩幅は狭めに

-
◆綺麗に歩くには歩幅は狭めに ロングドレスを着た際のウォーキングにおいて優雅に魅せるには歩幅は狭くとったほうがよい。 後ろ足のつま先と前足の踵の隙間が「握り拳1個分」程度。広くとっても「足のサイズ分(女性だと24cm前後)」を目安にする。 歩幅を狭くすることで、立脚側への体重移動がスムーズにおこなえ、重心の上下動・左右への動揺が少なくなり、身体がブレにくくなる。 【セミナー情報】 ウォーキングの基礎を学ぶ ◆reF...

◆美脚をつくるには綺麗な歩き方をマスターするのが早道

-
◆美脚をつくるには綺麗な歩き方をマスターするのが早道-綺麗に歩いている人は、基本的に脚のラインが細く綺麗になっていく。-綺麗に歩くには、お尻と内転筋が上手く働くようにトレーニングするのが大事なポイントの一つ。-ただし筋トレだけだと綺麗には歩けない。-歩く際に、それら鍛えた筋肉自然と使われる歩行フォームを身につける必要がある。-【セミナー情報】解剖に基づいた綺麗な歩行フォームが学べる◆re・Frame walking-歩...

◆足首を細くするには?

-
◆足首を細くするには?-足首が太いケースにおいて、脂肪太りと浮腫太り以外では・脛腓関節が開いている事が多い。-脛骨と腓骨が開いているケースでは足関節が安定せず、ふくらはぎやフトモモの筋肉に過剰な負担をかけ、脚のシルエットを悪くしてしまう。-脛骨と腓骨の関節を締めるには「後脛骨筋」や「長母趾屈筋」などが適切に働かねばならない。-足関節底屈位にて、これらの筋肉を鍛えると、足首はとても引き締まる。-※足関節底...

セミナー日程一覧

-
@Sadaの各地でのセミナー日程およびにStudio r3での各種セミナー開催日程になります。 日程は、開催が決まり次第、随時アップいたします。 セミナー名をクリックすることで「セミナー詳細」ページへと移ります。 ※RRRセミナーは「RRRセミナー詳細ページ」へとリンクします。 ※Craセミナーは「Craセミナー詳細ページ」へとリンクします。 ※その他セミナーは、各種セミナー詳細ページへとリンクします。 ご希望の日程をご...

【CoreCradle®×代償運動の抑制】ポジションによる効果のアップ

-
◆仰向けポジションにおけるCoreCradle®を使うメリット 腰痛・背部痛を持っており、仰向けのニュートラルポジションを取る際に鳩尾の後ろ(第11・12肋骨背面)が浮いている人を見かけることはないでしょうか? これは、骨盤のニュートラルポジションをとる際に、「腰部多裂筋」がうまく機能せずにおきる代表的なエラーパターンの一つと言えます。 ご存知の通り「腰部多裂筋」は、腰椎・仙骨・寛骨を結び付け、仙骨を適正角度まで...