肩甲帯バランスアップ3 ~スキャプラローテーション~

-
今回は肩甲骨の上方回旋・下方回旋をきちんと引き起こすためのトレーニングをご紹介します。まずは上方回旋に関わる筋肉たちですが、僧帽筋上部線維僧帽筋下部線維前鋸筋になります。次に下方回旋に関わる筋肉たちですが、菱形筋肩甲挙筋小胸筋になります。これらの筋のバランスが崩れることで、肩甲骨の動きにエラーが起きます。有名なのに「肩甲上腕リズム」とかありますよね。結構動きが崩れている人多いんですよ(-_-;)肩甲骨の...

肩甲帯バランスアップ2 ~シュラッグ アームリフト~

-
今回は僧帽筋上部繊維・下部線維をメインに鍛えるためのエクササイズを紹介します。しかし、前回のエクササイズも含め、より理解を深めるために肩甲骨の動きに関する機能解剖を少し紹介しておきます。【 最低限知っておきたい「胸郭⇔肩甲骨」をつなぐ筋の機能解剖 】僧帽筋は上部,中部,下部の線維があり、上部線維は挙上,下部線維は下制を内転と同時に行います。肩関節屈曲/外転において肩甲骨の挙上が不足している場合には、...

5月ADV講習会

-
みなさん、こんにちは^^「美姿勢」スペシャリストのさだです。先週と今週の2週にわたって、I.c.s第2サロンにJCCA認定のADV講習会を開催しました。参加者は今回は4名です。平日で2週に渡っての開催であったのに時間を作って参加して頂き本当にありがとうございました。今日はコアスタビライゼーションを中心に進めていきましたが、理解はすすんだでしょうか?呼吸によるインナーユニットの促通から始まり、呼気における腹筋群の...

理論編⑨ ~インナーユニットの機能異常2~

-
みなさん、こんにちは^^「美姿勢」スペシャリストのさだです。前回、腹横筋の機能異常に関してみていきました。腹横筋におこる問題は、筋力というよりは、「脳」による制御が上手くいかなくなる原因がほとんどでしたね。今回は「多裂筋」の機能異常に関してみていきましょう^^【多裂筋の機能異常】パッとみてわかりますが、腹横筋と違い、多裂筋は”筋そのもの”に問題が起きていますね。個別にみていきましょう^^【筋活動の低下】ま...

理論編⑧ ~インナーユニットの機能異常~

-
みなさん、こんにちは^^ 「美姿勢」スペシャリストのさだです。 さてさて、ここまでで、 ニュートラルポジションによる重力に対する骨格的安定性(閉鎖位) インナーユニットの働きによる体幹の安定性(閉鎖力) を見てきました。 ここで考えてみましょう。 「筋肉」を制御しているのはどこでしょうか? そう、「中枢神経」ですね! つまり「脳」です。 なので筋肉は「脳」からの命令なしにはほとんど働くことができません。 ※脊髄...