【ちょいサポⓇ×腰部アーチのサポート】

    昨年の年末にバスケ協会が「腹筋運動(上体おこし)は推奨できないトレーニング方法」とし、それがニュースとなり、多くのトレーナー達がSNSで色々と書いていたのは記憶に新しい所だと思います。
     
    スチュアートマクギル氏の著書を参考にそのような方針になったとのことですが、これにより少しでも腰痛に悩むアスリートが減るなら何よりです。

    日本語版の初版が2005年(英語の原本は2002年発売)に出ているのを考えるとかなりのタイムラグはありますが、一般常識が切り替わるには、それなりの時間がかかるってことですね。
     
    ただ、ネット情報などは、極端に意見を書いている人も多いので、できれば専門家の皆さんには、マクギル氏の著書を読んでもらいたいのです。
     
    【最新の日本語版はこれ】
    腰痛マクギル
    ■腰痛ーエビデンスに基づく予防とリハビリテーション-
    https://goo.gl/q1iX6f
    ※Amazonに飛びます。

     
    この著書を読めば分かりますが、彼が止めたほうがよいと推奨しているのが、「腰部を反復して屈曲・伸展させる動き=シットアップ」であり腹筋運動全体ではありません。
     
    骨盤・腰部を安定させて胸部から曲げる「カールアップ」などは逆に推奨トレーニングに入っていたりします。
     
    ちなみにマクギル氏推奨の腰部安定化トレーニングは
    ・カールアップ
    ・バードドッグ
    ・サイドプランク
    の3つであり、腰痛改善のBIG3に挙げています。
     
     
    「カールアップ」のエクササイズの動きとしては、腹部と腰部の筋肉の同時収縮により腰椎を安定させ、その状態でミゾオチから上の頭部・胸部を僅かに持ち上げるというもの。
     
    こうすることで、腰部の屈曲・伸展のメカニカルストレスをかけずに腹筋群が鍛えることができるというものになります。
     
    マクギル氏は、カールアップの初級レベルの紹介において、片手を腰椎アーチにいれて、腰部が潰れないようにチェックすることを推奨しております。
      
    ただ個人的には、腰椎アーチに手をいれるポジションは肩関節が内旋位に固定されるので、肩まわりに障害がある人は、ちょっときついかもしれないなぁと気になります。なので、手の代わりに何か入れたほうがいいのではないかな?と考えてしまいます。
     
     
    そんな時に便利かつ効果的なのが「ちょいサポⓇ」です。
    ちょいサポⓇを腰部アーチにいれ、腰椎を軽く触れた状態で安定させます。
    20180113_130758.jpg
      
    後はこのままカールアップ。この際に腰椎がちょいサポⓇに押し付けられないように、腰椎とちょいサポⓇの接触圧を均一に保つよう指示を出しておきます。
    20180113_130902.jpg  

    正しく腰椎アーチがキープできていたら、腹筋の収縮に対して腰椎をキープするために「腰部多裂筋」が働き、その筋腹が膨らんでくるのが皮膚感覚から感じとることができます。

    腰部多裂筋と腹横筋の収縮により仙腸関節が締まり、腰背筋膜と腹直筋鞘に張りが生まれます。これに腹斜筋が加わることで腹部と腰部による腹壁の剛性化が図れるという訳です。

    両手もフリーで使えるので、色々とバリエーションも増やせますよね。
     

    その他、頸椎アーチの安定化や足底アーチの安定化にとても効果を発揮してくれるのが「ちょいサポⓇ」です。
     
    腰椎アーチよりも頸椎アーチの安定化エクササイズをやると、参加された皆様はその効果にビックリするのですが、頸椎アーチの安定化に関しても、やはり正しくないトレーニングが横行しているのが実際です。
     
    そういった部分に関してもお伝えしていきたいコトが多くありますので、興味ある方は是非ちょいサポⓇセミナーに参加されてみてください。
     
    その効果にかなりビックリすると思います!
     
    【セミナー情報】
    ちょいサポⓇの使い方を学ぶ
    ◆ちょいサポⓇセミナー
    ・4/29(日)横浜開催
    http://core-cradle.com/seminar/pg435024.html
     
    #ちょいサポ #コアクレードル #リップス


    【RRRセミナー日程一覧は】
    http://rrr-style.com/seminar/pg81.html
     
    【Craセミナー日程一覧は】
    http://core-cradle.com/seminar/pg81.html
     
    【@Sadaのセミナー日程一覧は】
    http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-318.html



    |美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




    各地にて開催中!
    美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
    ワークショップの日程はこちらから


    【セミナー情報】

      ⇒セミナー日程一覧 

          
    RRR・Craセミナーの日程は
    下記リンクにてご確認ください。


      RRRホームページ 
    http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


    CoreCradleRAcademyホームぺージ
    http://core-cradle.com/


    【CoreCradle®×代償運動の抑制】ポジションによる効果のアップ

    ◆仰向けポジションにおけるCoreCradle®を使うメリット
     
    腰痛・背部痛を持っており、仰向けのニュートラルポジションを取る際に鳩尾の後ろ(第11・12肋骨背面)が浮いている人を見かけることはないでしょうか?
     

    これは、骨盤のニュートラルポジションをとる際に、「腰部多裂筋」がうまく機能せずにおきる代表的なエラーパターンの一つと言えます。
     

    ご存知の通り「腰部多裂筋」は、腰椎・仙骨・寛骨を結び付け、仙骨を適正角度まで前傾させ、仙腸関節・腰仙関節の安定性に関与します。
     

    「多裂筋」により仙骨が適正角度へ前傾し、仙腸関節が締まりの位置に、また多裂筋自体の収縮力により関節の中心軸制御がされ安定位へと促されます。
      

    しかし、この「多裂筋」が機能不全に陥った際に、胸腰椎移行部(鳩尾の後ろあたり)を反らして、骨盤・腰椎の角度を調整しようとする代償運動が現場では頻繁にみられます。
     
    姿勢的には、前弯後湾姿勢・アーミータイプ姿勢といわれるような姿勢変化を伴うことも多いです。
     

    残念ながら、胸腰椎移行部を反らして(伸展させて)腰部のアーチを作ったとしても、仙腸関節や腰仙関節の安定性は生まれず、そればかりか過剰収縮による背部痛の原因となることが多いのです。
      
     
    こうした胸腰椎移行部を反らせすぎる姿勢パターン・運動パターンを改善するのにCoreCardle®は非常に効果を発揮します。
      

    CoreCardle®に正しく乗ると、骨盤下部がフラット面に、骨盤上部がミニアーチに乗ることで、理想的な仙骨の前傾角度に自動的に調整されます。
    20180118_163356.jpg  

    CoreCradle®に乗っているポジションを見てもらうと容易にイメージできると思いますが、骨盤が床面よりも少し高い位置におかれ、胸部・頭部は床面に着いた状態になるのが分かると思います。
     

    この状態において、胸腰椎移行部は重力を受け、床面方向に落ちる状態に、つまり若干の屈曲ポジションになるのです。
     

    エラーパターンで、胸腰椎移行部を伸展気味に使う癖がある人にとって、この屈曲気味でのポジションは、普段のポジションの逆であり、修正のポジションとなるのです。
     

    これでも癖でつい胸腰椎移行部を伸展させてしまう人も結構います。ただその時は、乗っているCoreCradle®の角度が水平になってしまい、エラーパターンの姿勢になっていることがすぐに分かってしまいます。
     

    こうしたエラーパターンを修正して、正しくエクササイズの動きをおこなうと、機能不全に陥っていた「多裂筋」が再度使われるようになってきます。

    20180118_163407.jpg 20180118_163415.jpg

    ※PSSクロスレッグ:多裂筋の活性化エクササイズ
    ※CoreCradle®は少し斜めになっているのが正しいポジション。エクササイズ中にこの角度が変わらないように注意する。  
     

    Basicセミナーに出ただけで、自分だけでなくクライアントさんの腰痛が劇的に治っている報告を多く受けておりますが、実はCoreCardle®に乗るだけでも、通常のエクササイズポジションよりも効果が出やすくなっているからなのです。
     
    現在現場でCoreCradle®を使っているトレーナーの方は、今一度、仰向けのニュートラルポジションの確認をしてみてくださいね!
     
    ちょっとしたことで効果が倍増しますよ。 
      
     
    ◆コアクレードルBasicセミナーは
    ・2/4(日) 大阪開催
    ・2/4(日) 福岡開催
    ・2/12(祝月) 横浜開催
    ・2/24(土) 富山開催
    ・3/3(土)横浜開催
     
    【詳細は】
    http://core-cradle.com

    【ちょいサポⓇ×皮膚感覚】エクササイズで感覚統合

     みなさん、こんにちは
    骨格ラインから美しい身体をつくる美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです。
     
     
    ◎5/13(土)横浜開催
    ◎5/14(日)大阪開催
    と『ちょいサポⓇ』セミナーを開催いたしました。
     

    ちょいサポテキスト部分 
    このちょいサポ、そういえば各種セミナーでワンポイントで使っているくらいで、ネット上でもほとんど情報を出していないツールなのですが、それにも関わらず多くの方に参加して頂き本当に嬉しく思います。


    という訳で、今後この『ちょいサポ』のエクササイズ情報もドンドンと出していこうと思っております。


    過去に一回ほど、第1回セミナーの時の様子をブログで書いており、そこで『ちょいサポ』の基本的な効果に関しては書いております。読んだことのない人は是非読んで頂ければ嬉しく思います。
    http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-538.html
     

    その前回の記事で、『ちょいサポ』が効果を発揮する理由の一つとして、「皮膚の触圧センサーにより動きの修正が容易にできる」というのを挙げております。まぁこれは『ちょいサポ』に限らず、『CoreCradle』や『Lips』も同様なのですが、実はこの皮膚からの感覚情報というのは、人間にとってとても重要な情報の一つなんですよね。
     
    FBFF.jpg 

    人間は外界からの刺激を様々なセンサーを通して認識し、それらを脳の中で統合して、どのように行動するかを決めています。なのでそれらのセンサーが上手く働いていなかったり、各センサーからの情報がうまく合致していなかったりすると、身体に不調を感じたり、またはその原因になったりします。
     
     
    この際に使われる感覚センサーは色々あるのですが、基本的には「五感+その他の感覚器」が同時に働いています。
    =======
    ・視覚
    ・聴覚
    ・味覚
    ・嗅覚
    ・触覚
    ・平衡覚
    ・固有覚
    =======


    つまりこれらの感覚センサーをしっかりと使い、外界からの情報と自分の中の情報を一致させる作業をすることは、身体をうまくコントロールするためには必要不可欠な要素だと言えるのです。


    身体を動かす「運動(エクササイズ)」は、この観点からいくと、自分のボディイメージ(ボディマップ)を書き換えるのに非常に有効であり、特に視覚、聴覚、触覚、平衡覚、固有覚などの働きにより、自分の身体の再認識できるようになるのです。
     
     
    でもですね、この中で以外と認識されていないセンサーが『触圧』だったりするのです。立っていたら、それこそ足裏くらいしか床と接触しないですし、また仰向けとか寝ておこなうエクササイズでも、思っているよりも床との接触は意識していないものだと言えます。
     
    床との接触を意識すると大分違いますが、それでも腰椎アーチや頸椎アーチがあるため、それら床と接触していない部分はやはり認識がし難くなっていると言えます。


    こうした場面で「ちょいサポ」を使うと、床と触れていない腰椎アーチや頸椎アーチの部分が埋まるため、触圧を感知することが可能になります。腰痛アーチや頸椎アーチの左右の当たり具合の違いから、身体の歪みなどが感じ取れるようになるという訳です。
     
     
    その他にも、『平衡覚』と『固有覚』も認識がしにくい感覚たちだと言えます。認識しにくいから脳内において各センサーからの情報にズレが生じたりします。例で言うと『視覚』・『平衡覚』と『ボディイメージ』とのズレがあると、乗り物酔いしやすいとか、眩暈が起こしやすいとか、皆さんも馴染みの症状が出たりするのです。
    ( ゚Д゚)カンカクトニンシキノフイッチ 
     


    これらの感覚センサーを活性化させ、脳内での情報を統合させることは、見落とされがちですが、コンディショニング要素としてはかなり重要だと言えます。姿勢保持能力も関節可動性もしっかり出ているクライアントさんが、「何故かこのポジションは苦手なんだよなぁ・・・?」という時は、何らかの感覚センサーからの情報がが上手く処理されていない可能性があるかもしれないのです。

     
    各感覚センサーを活性化させ、脳内情報を正しく統合させるために、「ちょいサポ」「CoreCradle」「Lips」の各エクササイズにおいては、「触圧」「固有覚」「平衡覚」を感知しつつ、「視覚」情報を組み合わせ、『感覚統合』を促すであろう動きを幾つも組み込んであるのです。


    ただし、感覚センサーが鈍くなっている方も多くいます。これまで意識せず使っていなかったセンサーは、最初は上手く認識できないかもしれません。しかしこれらの感覚センサーは意識して使っているうちに、次第に反応し、感覚を感じ取れるようになるはずです。


    という訳で、セミナーに参加された方には、セミナー中に感じとれなかった部分も、少しずつ感じ取れるようになっていくはずなので、ご自身でドンドンとやっておいてほしいのです。そうすれば感覚センサーを活性化させてのコンディショニングが、いかに効果的に短期間で身体を変えていくかを実感できると思います。
     
     
    その上で、クライアントさんにこれらのエクササイズを提供して頂くと、とても説得力のある、そして効果の出せるセッションができると思います。是非現場に落とし込んでいってくださいね!!
     

     
    また今後も各地で『ちょいサポⓇセミナー』を開催していきます。
    近日中の日程ですと
     
    ・6/4(日)大分 17:15~
    ・6/10(土)横浜 15:30~
     
    【詳細・お申込みは】
    http://core-cradle.com/seminar/pg435024.html


    大分開催はすでに定員になっておりますが、キャンセル待ちでは受付しておりますので、ご希望の方はお申込みしてキャンセルがでるのをご期待ください。横浜開催はまだ定員まで余裕がありますので、ご興味ある方はこの機会に是非どうぞ。




    |美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




    各地にて開催中!
    美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
    ワークショップの日程はこちらから


    【セミナー情報】

      ⇒セミナー日程一覧 

          
    RRR・Craセミナーの日程は
    下記リンクにてご確認ください。


      RRRホームページ 
    http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


    CoreCradleRAcademyホームぺージ
    http://core-cradle.com/

    【解剖的理論×エクササイズ】身体の内の動きの変化

    みなさま、こんにちは
    骨格ラインから美しい身体をつくる美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです。
     
     
    GWも終盤になってきました。
    皆様はGWどのようにお過ごしでしょうか?


    本日は横浜I.c.s第2サロンにて、
    ■CoreCradle&Lips共通 理論編①②
    を開催いたしました。

    20170505_121418.jpg
     
    この理論編では、CoreCradle®やLips™のエクササイズの元となる解剖学的理論をお伝えするのが主な内容となっています。といっても解剖だけ説明するだけだと、身体の動かし方には繋がらないので、代表的なエクササイズを復習(初めてのものは体験)しながら、その理論をエクササイズに落とし込んでいく、という内容で進んでいきます。
     
     
    理論編は、エクササイズ編を受ける前に受講することも可能となっていますので、「私は理論派なんです!!」という方は、この理論編から受講した方が、エクササイズ編が理解しやすいかもしれません。
     

    CoreCradle®やLips™は、全身のコンディショニングにオールマイティーに使えるツールにはなっていますが、効果が発揮しやすい部位というのがあります。それが「骨盤・腰部」「胸郭・頸部・肩甲骨」「足関節」なんですよね。他の部位でももちろん色々と使えるのですが、ツールの特性が強く活かせるのが、これらの部位ということになります。
     
    20170505_121447.jpg 

    20170505_161507.jpg

    今日参加された方は、CoreCradle®やLips™を使うことで、
    ・骨盤の静的アライメントと動的アライメントの違いと修正
    ・骨盤の歪みの修正をかける運動の方向性
    ・胸郭の解剖的構造による関節運動の連鎖パターン
    ・エクササイズによる連鎖パターンの修正
    ・足圧重心の流れと重心制御の適正化
    などが効果的におこなわれている理由が理解できたのではないでしょうか?
     
     
    そして、この解剖的な部分が理解できると、エクササイズのエラーパターンの修正において、身体を動かす方向性がかなり変わるのも体感できたと思います。この方向性の違いは、見た目の違いとしては、ほんの僅かの違いでしかないかもしれません。しかし身体の内部では、使われる筋肉が全然違ってくるということになるのです。
    (;゚Д゚)スゲーチガウヨ
     

    こうした身体を動かす方向性の僅かな違いの連続が、身体のシルエットは全く違うモノに変えたり、また痛みや障害の原因になっているのだとしたら、動きを正しい方向性に修正するメリットがどれだけ大きいかが理解できると思います。
     
     
    もちろんこうしたマニアックな部分を意識しなくても、かなり効果はでるのですが、できるならばMAXの効果を引き出してもらいたい。特にLips™を使うと、静的アライメントにおける骨盤の歪みと、動的アライメントによる骨盤の歪み方が、全く違っていることが体感できたと思います。エクササイズ前後のスクワットテストで、ハッキリと動きの違いが認識できたはずです。こうした普段意識していない身体の動きの部分を意識できるのが、このツール達を使うメリットだと言えます。


    是非この感覚をクライアントの方にも届けてもらいたいと思っております。「こんな細かな部分まで感じ取れるかな?」というのは当然出てくると思いますが、これまで現場で使っていて、一般のクライアントの方でも、少しずつ感知能力が高まり、次第に自分の身体の動きを自己認識・自己修正をしだしてくれます。
     
     
    CoreCradle®やLips™は、「皮膚の触圧」を感知しながらおこなうので、大抵の人は、皮膚感覚から自分の身体の動きの左右差などをほぼ確実にチェックができるようになってくれます。こうして感覚センサーが磨かれることで、さらにエクササイズの効果が高まるという好循環が生まれてくるのです。という訳で、心配せずにどんどんと使ってもらえると嬉しい限りです。
    (・∀・)イッパイツカッテネ
     


    【5月のセミナー】( ゚Д゚)オマチシテオリマス

    ●5/7(日)横浜
    ・11:00~ :Lipsエクササイズ編①②

    ● 5/13(土)横浜
    ・11:00~ :3step7exercise~美脚をつくる3つの法則~
    ・14:00~ :ちょいサポセミナー

    ●5/14(日)大阪
    ・10:00~ :ちょいサポセミナー
    ・13:00~ :CoreCradleエクササイズ編①②
     
    ●5/19(金)横浜
    ・18:00~ :CoreCradleエクササイズ編①
     
    ●5/20(土)横浜
    ・11:00~ :re・Frame exercise~骨盤・腰部~
     
    ●5/21(日)横浜
    ・11:00~ :re・Frame exercise~胸郭・頸部~


    【セミナー日程の確認やお申込みは】 
    http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-318.html



    |美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




    各地にて開催中!
    美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
    ワークショップの日程はこちらから


    【セミナー情報】

      ⇒セミナー日程一覧 

          
    RRR・Craセミナーの日程は
    下記リンクにてご確認ください。


      RRRホームページ 
    http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


    CoreCradleRAcademyホームぺージ
    http://core-cradle.com/

     
     


     
     


     
     


    【講師養成×CoreCradle】5名のBasic講師

    みなさん、こんにちは
     
    骨格ラインから美しい身体をつくる
    美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです。
     
     
    2/5(日)当サロンにて
    ・CoreCradle Basicセミナー講師講習
    を開催しました。
     
     
    Craマスタープラクティショナーだけが
    受講できる講師養成講習です。
     
     
    6時間のうちの4時間くらいは
    座学を中心に、
    ・伝える話し方の法則
    ・伝えるべきポイントの理解
    ・ペアワーク
    を学んでいきました。
     

    座学は普段あまりしないので、
    つい写真を撮るのを忘れてました。
    (; ・`д・´)ウッカリ
     

    みんな普段からレッスンで
    お客様相手に話していることもあり
    喋ること自体は全く問題ないですね~
    さすがです!!
     
    残り2時間くらいから
    エクササイズもポイントの復習。
     
    伝える順番とポイントの理解
    が中心となりました。 

    16523771_1344834965577407_474466185_o.jpg  
     
    16466495_1261859690561523_646054553_o.jpg


    第1回となる講師養成講習だったため
    こちらも伝えるべきポイントが
    曖昧だった部分もありましたが
     
    重要なポイントは
    大体押さえていたのではないでしょうか?
     
    16492541_1175428199221126_11523207_o.jpg
     

    兎にも角にも
    これにて5名の新しい講師が
    誕生したことになります。

    ・金子至誠MP
    ・田中俊介MP
    ・寺口雅代MP
    ・原野さやかMP
    ・平綿香MP
    ※MP=マスタープラクティショナー
     
    今後この5名が各地にて
    ●CoreCradle®Basicセミナー
    を開催してくれることになります。
     

    すでに開催をしている大分の
    ・松川大悟MP
    に続き、
    活発に活動してくれることでしょう!
    (*'▽')シテチョーダイネ

     
    今回は、Lipsの開発者でもあり
    認定講師として活動している
    金子香織Cra認定講師も
    セミナーアシスタントに入ってくれて
    随所にて非常に助かりました。
     
     
    あとは今回はサプライズがあり
    何と私@Sadaの誕生日祝いを
    してもらったりしました。
    (*´▽`*)ヨクシッテタネー

    16492527_1261859673894858_2144809086_o.jpg
     
    ええ、永遠の32歳としては
    実年齢を明かすことはできませんが、

    こうして誰かに祝ってもらえるのは
    とても幸せなことですね
    (*´▽`*)ミンナアリガトウデス
     
     
    バタバタしながらも
    無事に養成も終了し
    ホッと一息ついている
    今日の月曜日ですが、
     
    早速名古屋の田中MPが
    5・6月とクレードルBasicセミナーを
    開催いたします。

     
    もうすでにHPには
    日程・申し込みフォームを
    アップしてますので
    是非ホームぺージにてご確認ください!
    http://core-cradle.com/seminar/pg81.html
     
    今後のみんなの活動にご期待くださいませ!!
     


    |美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




    各地にて開催中!
    美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
    ワークショップの日程はこちらから


    【セミナー情報】

      ⇒セミナー日程一覧 

          
    RRR・Craセミナーの日程は
    下記リンクにてご確認ください。


      RRRホームページ 
    http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


    CoreCradleRAcademyホームぺージ
    http://core-cradle.com/



    | NEXT≫