【発火タイミング?動員パターン?筋の長さ?筋力?】そのトレーニングの目的は何?

-
みなさん、こんにちは骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』のsadaです^^ちょうど昨日まで沖縄にセミナーで行っていたのですが、全国どこにでも熱く語れる仲間がいるのは嬉しいものですね♪セミナーをしていると、色々な質問が飛んできます。他のセミナーに行ったり、色々な人のブログを読んだりして、「???」となってしまっている所を聞かれます。私はメンバーにも、色々な講師のセミナーに行くこと...

現場における代償運動の修正のポイント

-
みなさん、こんにちは骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』のSadaです前回、代償運動の2つのパターンを説明しました。--------------------------------------------------◆初動を代償してしまう◆可動域が足りないために他の部位で代償--------------------------------------------------当然これらは修正されなければならない運動パターンですが、現場における対応が重要になります。2つのパターン...

2つの代償運動の見極め

-
みなさん、こんにちは骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』のSadaです色々なところで、「代償運動はダメ」ということを習うとおもいます。私はこの代償運動を2つの面から見ています。◆初動を代償してしまう(例)股関節を外転させる際に、先に(初動で)腰部の挙上がおきてしまう代償パターン◆可動域が足りないために他の部位で代償(例)股関節を外転させていくと、例えば外転20度くらいから骨盤の挙...

関節包内運動の基礎知識

-
みなさま、こんにちは骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』のSadaです^^今日は「関節包内運動の制御」に関して。ですが、まずは関節包内運動って何だろう?ってところを,簡単にですがお伝えしていきます。※関節にも色々と種類がありますが、大関節である股関節や肩関節をイメージして読んで頂ければと思います。またイメージしやすいように専門用語とは違う形で表現をしているところがありますがご容赦...

【部位別の関節可動性の傾向】

-
みなさん、こんにちは骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』のsadaです今日は、「動くと痛い!」という関節の運動機能障害の部位別の特徴に関してです。=====================================「動くと痛い!」関節の運動機能障害を改善するためには、関節に「正しい運動パターン」を再習得させることが重要なのが理解できたと思います。そして、その正しい運動パターンを得るためには、・関節の可動性...