【発火タイミング?動員パターン?筋の長さ?筋力?】そのトレーニングの目的は何?

    みなさん、こんにちは
    骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』のsadaです^^

    ちょうど昨日まで沖縄にセミナーで行っていたのですが、
    全国どこにでも熱く語れる仲間がいるのは嬉しいものですね♪


    セミナーをしていると、色々な質問が飛んできます。
    他のセミナーに行ったり、色々な人のブログを読んだりして、「???」となってしまっている所を聞かれます。

    私はメンバーにも、色々な講師のセミナーに行くことを進めています。
    というのは、色々な視点からのアプローチを経験してもらいたいことと、
    それらの情報の中から、より「本質」的なことを見抜く目を養ってもらいたいからです。

    視点が違っていることで頭の中が「???」となるのですが、
    それが身体の本質から見た時に、正しい情報なのかどうかをしっかりと吟味してもらいたいのです。
    頭の中を整理整頓していくことで、考える力がついていくからです。


    まぁ、そんな訳で、よくあるのが、

    ◆インナーマッスルを鍛えたら(筋力アップさせたら)関節が制御できるんでしょ?


    というもの。

    ちなみに答えは『×』です。

    未だに、「トレーニング=筋力アップ」であり、
    「筋力アップ=関節の制御ができる、姿勢が改善できる」という考えが多いのを感じます。
    2505918_s.jpg

    もちろん「筋力」は大事な要素ですから、それは鍛えるべきなのですが、
    この「筋力」優勢の考え方というのは、もうそろそろ変わってきてほしいものです。



    実際にトレーニングを通して、「何を鍛えいてるのか?」を考えることが大事です。

    例えば関節の制御において大事なのは、
    ・発火タイミング
    ・筋の動員パターン
    ・筋の長さ
    ・筋の弾力性
    ・筋出力
    ・筋力

    などが挙げられます。

    この中でも、「筋力」は、関節制御においては、それほど重要なポジションを占めていないのです。
    「発火タイミング」「動員パターン」「筋の長さ」などが関節制御には重要なのです。

    12720856_s.jpg

    発火タイミングを変化させるのは、筋力アップとは違います。
    筋の動員パターンを変えるには、筋の連動性とタイミングを整える必要があり、繊細な感覚とコントロールが必要となります。
    筋の長さが整っていなければ、固有受容器の反応が遅れ、関節にズレが生じてしまいます。



    という訳で、常に考えてもらいたいのが、

    ◆そのトレーニングの目的は何?


    とういう事なのです。


    世にあるメソッドたち、
    例えばヨガであったり、ピラティスであったり、フリーウェイトであったり、マシントレーニングであったり、
    それら全てのものは「ツールの一つ」でしかありません。

    だからそれら自体には良い悪いなどはなく、
    全ては、使う人次第なんですよね。




       |美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




    各地にて開催中!
    美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaのワークショップの日程はこちらから
               
    【セミナー情報】
      ⇒セミナー日程一覧 

                 
    RRRセミナーの全日程は下記リンクにてご確認ください。
      RRR公式ホームページ :http://rrr-style.com/seminar/pg81.html




    現場における代償運動の修正のポイント

    みなさん、こんにちは
    骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』のSadaです


    前回、代償運動の2つのパターンを説明しました。
    --------------------------------------------------
    ◆初動を代償してしまう

    ◆可動域が足りないために他の部位で代償

    --------------------------------------------------

    当然これらは修正されなければならない運動パターンですが、現場における対応が重要になります。

    2つのパターンがあるということは、
    対応も2つのケースに分けてやっていくということです。

    基本的には2つのStepで対応します。

    ---------------------------------------------------
    【step1】 :初動における代償を抑制する。

    すべての関節において、このstep1が重要です。

    初動を代償するということは、痛みのある部位が「弛んでいる」状態といえます。
    ということは、「安定性」が足りないということなので、インナーマッスルで関節制御をさせる方法を覚えてもらうことが対応法となります。

    クライアントさんにはよく「関節のネジが弛んでいるんで、締めていきましょうか~」という感じでやっていきます。

    腰痛を例にすれば、骨盤・腰椎部を安定させる「インナーユニット」や「腹斜筋」などをしっかりと活性化させ、股関節や胸郭などの動きに対して、負けないだけの「安定性」をつけることをやっていくということです。

    この際の股関節や胸郭の動きは可動域は狭くてもよいので、「動かし始めに、骨盤・腰部での代償がおきないように注意させる。」というところがポイントとなります。

    ----------------------------------------------------
    【step2】 :固い部位の可動域を広げる

    初動の代償を抑えることができるようになれば、このstep2に入ります。

    まずは骨盤・腰椎部をしっかりと「安定・固定」するように指示し、その上で股関節や胸郭の可動性を引き出していきます。
    ここでは、最大可動域を目指して、関節を大きく動かすことを目的とします。


    クライアントさんには、「じゃぁ、関節のネジは締めたまま、骨盤固定しておいてくださいね。そのまま、股関節を最大限動かしていきますね~」って感じです。

    ここは、もうクライアントさんたちの必死の形相と「うぉっっ!」という唸り声が聞こえるところなので、とても楽しいところですね~(笑)

    ----------------------------------------------------
    13303807_s.jpg 

    よく、「安定」が先か「分離」が先か、で意見が分かれていますが、実際はクライアントさんの状態によって対応が分かれることが解りますよね。

    初動が抑えれない人が、いきなり可動域を広げようとすると、関節包内運動の制御ができず、関節に痛みを出す場合があるので、「安定」させるほうが先におこなわれるべきでしょう。

    初動が抑えれる人であれば、固くなっている部位の可動性を引き出す「分離」を最初にやっていけばOKとなります。


    「よくわかんないんですけど・・」って場合は、安全面を考えると、『痛みのある部位を「安定」→固い部位を「分離」の流れ』でやっていくのがよいと思います。

    是非現場対応の一つとして覚えておいてください。


    ====================================
    骨格ラインから美しい身体をつくる
    『美姿勢・美脚スペシャリスト』@Sada

    ◆美姿勢・美脚スペシャリストチームRRRホームページはこちらから
     ⇒http://rrr-style.com

    ◆sadaセミナー日程はこちらから
     ⇒http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-318.html

    ◆横浜|美姿勢・美脚専門サロンI.c.s公式ブログ
     ⇒http://ameblo.jp/ccsics

    ====================================

    2つの代償運動の見極め

    みなさん、こんにちは
    骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』のSadaです


    色々なところで、「代償運動はダメ」ということを習うとおもいます。
    私はこの代償運動を2つの面から見ています。



    ◆初動を代償してしまう
    (例)股関節を外転させる際に、先に(初動で)腰部の挙上がおきてしまう代償パターン

    ◆可動域が足りないために他の部位で代償
    (例)股関節を外転させていくと、例えば外転20度くらいから骨盤の挙上がおきてしまう代償パターン



    さて、どっちが問題か?ということですが、「痛み」や「パフォーマンス」という点で考えるならば、圧倒的に前者のパターンが問題となります。


    というのは、股関節がかなり柔らかいのに、腰が痛い人というのは多くいます。
    こういう人たちは、関節制御のインナーマッスルが弱いのはもちろんですが、「初動を代償するケース」の運動パターンを持っていることがほとんどです。

    本来股関節から起こってほしい動きが、すべて腰部から動いてしまうために、腰部にダメージをあたえるだけでなく、思ったような動きができなくなっているからです。

    こういったケースの場合は、もともと股関節は柔らかいのだから、股関節の動きに負けないだけの「腰部の安定性」をつけることが改善策となっていきます。

    現場では、初動の動きを手で触ってチェックしながら、代償の有無を確認したりします。
    職人芸になるので、セミナーなどではあまりお伝えしていませんが、覚えると割と有効なテクニックになります。

    16204391_s.jpg


    逆に「可動域が足りないケース」の場合は、これ簡単です。
    問題となる関節の可動域をあげてあげればいいだけです。

    初動のパターンが問題ないのですから、力の流れ的には問題ない身体と判断します。

    こうした硬さは、骨性の問題でなければ、筋や靭帯などの組織によるものですから、クライアントさんがその気になればすぐに改善していきます。


    なので、「代償運動」と一口でいっても、どっちの問題がおきているのか?を注意してみると、少しアプローチが変わると思います。
    現場で色々と確認してみてくださいね^^


    ====================================
    骨格ラインから美しい身体をつくる
    『美姿勢・美脚スペシャリスト』@Sada

    ◆RRR公式ホームページはこちらから
     ⇒http://rrr-style.com

    ◆sada公式ブログ・セミナー日程はこちらから
     ⇒http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-318.html
    ====================================

    関節包内運動の基礎知識

    みなさま、こんにちは
    骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』のSadaです^^

    今日は「関節包内運動の制御」に関して。
    ですが、まずは関節包内運動って何だろう?ってところを,
    簡単にですがお伝えしていきます。

    ※関節にも色々と種類がありますが、大関節である股関節や肩関節をイメージして読んで頂ければと思います。
    またイメージしやすいように専門用語とは違う形で表現をしているところがありますがご容赦ください。

    ==============================================
    関節包内運動


    まず関節の基礎的な構造ですが、
    関節は、基本的に2本の骨がジョイントしてできており、

    ・凸側のほうを「関節頭」(かんせつとう)
    ・凹側のほうを「関節窩」(かんせつか)


    と呼びます。


    この関節の周囲を、
    まずは「関節包」が覆っており、
    またその外側を「靭帯」が覆って、
    その外を筋肉たちがついて、関節が構成されています。

    そして、この関節包の内部での関節の動きのことを「関節包内運動」といい、基本的な動きは3つあります。

    ・転がり
    ・滑り
    ・軸回旋


    「転がり」運動は、一方の関節面を、もう一方の関節面が、名前の通り転がる運動のことを指します。
    ただ関節の上を「転がり」続けると、すぐに関節から抜け出てしまいますよ。

    なので、抜け出るのを相殺するように、一方の関節面を、もう一方の関節が「滑る」ことで、関節が抜け出ないように制御されているのです。

    これは、雪道で車がスリップして、前に進めない状態をイメージしてもらえればイメージしやすのではないでしょうか?


    股関節や肩関節でおこるインピンジメント(関節が抜け出して組織が挟み込まれる症候群)などは、まさにこの関節包内運動が正しく起きていないために起こる症候群なんですよね。






    各地にて開催中!
    美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaのワークショップの日程はこちらから
               
    【セミナー情報】
      ⇒セミナー日程一覧 

                 
    RRRセミナーの全日程は下記リンクにてご確認ください。
      RRR公式ホームページ :http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


    【部位別の関節可動性の傾向】

    みなさん、こんにちは
    骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』のsadaです


    今日は、「動くと痛い!」という関節の運動機能障害の部位別の特徴に関してです。

    =====================================
    「動くと痛い!」
    関節の運動機能障害を改善するためには、関節に「正しい運動パターン」を再習得させることが重要なのが理解できたと思います。


    そして、その正しい運動パターンを得るためには、
    ・関節の可動性(Mobility)
    ・関節の保持能力(Stability)
    の2つの要素が必須となります。


    そうしていくと、身体におきやすい特性として、
    ・関節が動きすぎる傾向の部位
    ・関節が固くなる傾向の部位
    に分かれていきます。


    これは見た目の関節運動(骨運動)としての可動域の事を指しますが、
    簡単にまとめると

    ---------------------------------
    ・上部頸椎 :固くなる
    ・下部頸椎 :動きすぎる
    ・胸郭   :固くなる
    ・肩関節  :固くなる
    ・腰部骨盤 :動きすぎる
    ・股関節  :固くなる
    ・膝関節  :動きすぎる
    ・足関節  :固くなる
    --------------------------------
    といった傾向となります。


    もちろん個人差があるので、セッションにおいては、その動きをみながら評価をしていかねばなりませんが、大まかには上記のパターンが非常に多いと言えます。


    なので、
    ・固い部分は可動性を広げる(Mobilityを高める)
    ・動き過ぎる部分は、筋肉で安定させる(Stabilityを高める)
    考えていくとコンディショニングはうまくいきやすいです。

    少し現場でこの点を意識してやってみてください。


    でも運動機能障害を改善するには、これだけでは、対応できないことが多いです。
    という訳で、次回は「関節包内運動の制御」が正しく行われているかどうか?という点に関してお伝えしていきたいと思います。

    18448683_xl.jpg





    各地にて開催中!
    美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaのワークショップの日程はこちらから
               
    【セミナー情報】
      ⇒セミナー日程一覧 

                 
    RRRセミナーの全日程は下記リンクにてご確認ください。
      RRR公式ホームページ :http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


    | NEXT≫