◆骨盤が立っているかの簡易チェック法

-
⇒https://instagram.com/p/BzjjZn9gEN3/ ◆骨盤が立っているかの簡易チェック法 「骨盤を立てる」のが身体にとって良い状態をつくるのはよく言われることです。  専門的にはニュートラルアライメントの骨格ポジションをつくるという事になります。   実際に骨盤が立つと---------------・骨盤が締まりやすい・お尻が締まりやすい・太ももが細くなる・ウエストが締まりやすい---------------な...

◆四角い骨盤から桃尻骨盤へ

-
⇒https://instagram.com/p/B0qvHHlnxo9/ ◆四角い骨盤から桃尻骨盤へ 仙腸関節において仙骨は前傾・後傾の可動性があります。  この仙骨の位置でお尻とウエストの見た目のシルエットが大きく変わってしまいます。  仙骨の前傾時は寛骨の上部が内側に絞り込まれ座骨は外側に広がり桃尻骨盤になります  一方仙骨の後傾時は寛骨上部が外側に広がり座骨が内側に閉じ四角い骨盤になってしまいます。  仙骨は年齢と共に後傾方向...

◆人の目が綺麗と感じる黄金比

-
⇒https://instagram.com/p/Bc7tDC1nU9P/ ◆人の目が綺麗と感じる黄金比 人間の目が無意識に美しいと感じる比率がありそれらが・黄金比・白銀比などと呼ばれます。  黄金比は「1:1.618」白銀比は「1:1.414」の比率であり歴史的な建物や芸術作品にはこれらの比率が多く取り入れられています。   この黄金比は人間の身体にも比率として当てはめられており・ミロのヴィーナス・ダビデ像・モナ・リザの微小などにもこの比率が使...

◆Scapular dyskinesis(肩甲骨の連鎖パターンの破綻)

-
⇒https://instagram.com/p/Bqcl267g457/ ◆Scapular dyskinesis 肩周辺の痛みの原因として上腕骨の動きに対する肩甲骨の連鎖パターンの破綻が挙げられます。  この時の肩甲骨の動きのエラーパターンが---------------◆Scapular dyskinesis---------------と言われ、  典型パターンは上腕骨の動きに対して---------------・肩甲骨の後傾・肩甲骨の内転・肩甲骨の上方回旋・肩甲...

◆綺麗なウエストをつくる2つのくびれ

-
 ◆綺麗なウエストをつくる2つのくびれ ウエストラインを綺麗に魅せるには---------------①横径のくびれ②縦径のくびれ---------------をつくるのが大事です。  横径のくびれは正面や後ろから見た際に砂時計のようなシルエットができるのが綺麗の基準となり、   縦径のくびれは横から見た際にお腹と腰の前後径が細くウエスト~ヒップが綺麗なS字カーブを描いているシルエットが綺麗の基準とな...

-
⇒https://instagram.com/p/BndzYbDBRHf/ ◆膝の痛みと膝下O脚と弱化筋達  ・膝が痛い人・膝下O脚の人の共通点として挙げられるのが膝関節の歪みのパターン。  ★脛骨外旋症候群 と呼ばれる大腿骨に対する下腿骨の外旋の歪みは膝関節の構造的な弛みのポジションであり--------------- × 膝関節周辺軟部組織の損傷× 下腿の外旋・外方変位---------------を引き起こしやすいとされています。  ...

◆美尻ラインと骨盤・股関節

-
⇒https://instagram.com/p/By0IscgIm3z/ ◆美尻ラインと骨盤・股関節 お尻のラインの土台となる骨盤が歪むとお尻の形は崩れます。   また股関節が歪んで大腿骨頭がズレると大転子が外に張り出したシルエットになったりお尻下部・内腿が垂れやすくなってしまいます。  お尻を大きくするのではなく形を綺麗にしたいならまずは骨盤・股関節を正しい位置に整えることが大事なポイントです。  ちなみに手技で整えても正しい位置...

◆鍛えても締まらない膝上のたるみの改善には

-
⇒https://instagram.com/p/BqkK24FHGq8/ ◆鍛えても締まらない 膝上のたるみの改善には   鍛えても鍛えても締まってくれない膝上のタルミ。  その原因は複数ありますがそのうちの一つとして---------------★膝関節の捻じれ---------------が挙げられます。   タルミがおこるのは・大腿骨内旋-下腿骨外旋の歪みであり この歪みが続くと---------------・下腿外方スライド...

◆四つ這い位と肩関節の安定化

-
⇒https://instagram.com/p/BzQLFZQC-4_/◆四つ這い位と肩関節の安定化 肩甲上腕関節は前方にずれやすい特性を持っています。    四つ這い位で肩関節に荷重することで上腕骨頭が後方に戻り関節が安定しやすいポジションと言えます。  そのため肩関節の問題の改善に四つ這いは大きな効果を発揮します。  ただしただ四つ這いをするのではなく、このポジションにおいて---------------★肩甲骨の位置調整★肩関節...

◆腰痛改善のための腹筋の使い方とくびれの関係

-
 ◆腰痛改善のための腹筋の使い方とくびれの関係 腰痛改善のためには骨盤・腰部の関節安定性をあげていくことが必要になります。  この時の腹筋の使い方により・寸胴になるか・くびれができるかが変わります。  実際のところ腰部の関節安定性を高め腰痛を改善させるには・寸胴になる腹筋の使い方のほうが安定化の効果は高くなります。 強度が高いトレーニングにも十分に身体が耐えれるためハードなトレーニングをするにはこ...