理論編 記事一覧

-
 【初めての方へ】 @Sada『美姿勢トレーニング』理論編へようこそこれからの記事を読む際の注意点ですが、ここに書いていくことは、一般の方向けではなく、運動指導者の方へ向けての情報発信となっています。 運動指導に関係していない方にとっては、解りにくい・難しい部分などが出てくることがありますが、その点はあらかじめご了承ください。また書いた日付が古いものは、最新のデータと違う内容で書かれていることがあります...

理論編②~美しい姿勢とは~

-
※H20年4月に書いた記事を、H29年6月に加筆・修正したものとなります。みなさん、こんにちは骨格ラインから美しい身体をつくる美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです。  この理論編においては、「美しい姿勢」を作るために必要な要素を個別に説明していきます。皆様も「美しい姿勢」の定義においては、それぞれの意見があると思います。「美しい姿勢」の定義は人によって違っていて、曖昧になっているのが現状です。ただし、ここ...

理論編⑤ ~美しい体幹を保つシステム~

-
みなさん、こんにちは^^「美しい姿勢」をつくるスペシャリストのさだです。「美しい姿勢」はやはり、「美しい体幹」から!「美しい体幹」とは、言ってみると、「骨盤と脊柱を正しい位置で安定させる」ということです。「安定性」を高めるのに効果的なメソッドは「コア・スタビライゼーション」になります。という訳で、今回は骨盤と脊柱を正しく安定させるシステムを「コア・スタビライゼーション」の理論から見てみましょう^^■脊...

理論編⑥ ~骨格構造による安定性と筋による安定の概略~

-
みなさん、こんにちは。「美しい姿勢」をつくるスペシャリストのさだです^^えーと、前回の「脊柱の安定システム」のところで身体を正しく保つために●骨格によるもの●筋肉によるもの●中枢神経による筋コントロールの必要性があることがわかりました。「骨格構造」による安定性は、ニュートラルポジションが取れるようになればかなり安定します。だからこそ 「美しい姿勢」=「ニュートラルポジション」 という定義にしてましたね^...

理論編⑦ ~インナーユニットの機能~

-
みなさん、こんにちは^^「美しい姿勢」をつくるスペシャリストのさだです。さてさて、どうやら「インナーユニット」は大事らしい。。というところは解ってきたと思います。というわけで、今日はこの「インナーユニット」達がどんな働きをしているかを見ていきましょう^^「インナーユニット」とは、体幹の深部にあり、腹腔壁を構成する筋たちのことを指します。横隔膜骨盤底筋群腹横筋多裂筋が代表です。その役割は予備動作に関与し...

理論編⑧ ~インナーユニットの機能異常~

-
みなさん、こんにちは^^ 「美姿勢」スペシャリストのさだです。 さてさて、ここまでで、 ニュートラルポジションによる重力に対する骨格的安定性(閉鎖位) インナーユニットの働きによる体幹の安定性(閉鎖力) を見てきました。 ここで考えてみましょう。 「筋肉」を制御しているのはどこでしょうか? そう、「中枢神経」ですね! つまり「脳」です。 なので筋肉は「脳」からの命令なしにはほとんど働くことができません。 ※脊髄...

理論編⑨ ~インナーユニットの機能異常2~

-
みなさん、こんにちは^^「美姿勢」スペシャリストのさだです。前回、腹横筋の機能異常に関してみていきました。腹横筋におこる問題は、筋力というよりは、「脳」による制御が上手くいかなくなる原因がほとんどでしたね。今回は「多裂筋」の機能異常に関してみていきましょう^^【多裂筋の機能異常】パッとみてわかりますが、腹横筋と違い、多裂筋は”筋そのもの”に問題が起きていますね。個別にみていきましょう^^【筋活動の低下】ま...

理論編⑩ ~インナーユニットの機能異常3~

-
さて、今回はインナーユニットにおける「神経-筋リンク」の機能異常を起こす原因を紹介していきます。ここを知ると日常生活における生活パターンが非常に関与していることもわかります。原因は大きく分けると3つありますので、一つずつ説明していきますね^^まずはその原因となる3つの要素ですが、【インナーユニットに機能異常を引き起こす3つの要素】■免荷(体重負荷の減少)■損傷■疼痛の3つとなります。今回はこの中の■免荷に...

理論編⑪ ~インナーユニットの機能異常4~

-
みなさん、こんにちは^^「美しい姿勢」をつくるプロフェッショナルトレーナーのさだです。さて前回インナーユニットの機能異常を引き起こす要素のうちの一つ■「免荷」について見ていきました。今回は次の要因に関して見ていきましょう^^【インナーユニットに機能異常を引き起こす3つの要素】■免荷(体重負荷の減少)■損傷(関節損傷)■疼痛の 3つとなります。今回はこの中の■損傷に関して見ていきます。まず「損傷」といわれる状...

理論編⑫ ~インナーユニットの機能異常5~

0
みなさん、こんにちは『美しい姿勢』をつくるプロフェッショナルトレーナーのさだですさて前回・前々回とインナーユニットの機能異常を引き起こす要素のうちの一つ■「免荷」■「損傷」について見ていきました。今回は最後の一つの要因に関して見ていきましょう【インナーユニットに機能異常を引き起こす3つの要素】■免荷(体重負荷の減少)■損傷(関節損傷)■疼痛今日はこの中の「疼痛」に関して見ていきます。「疼痛」とは、名前の...

理論編⑬ ~インナーユニット独立制御トレーニング~

0
みなさん、こんにちは^^「美姿勢」スペシャリストのさだですさてさて、インナーユニットが大事なのはよく解っていただけたと思います。骨盤や脊柱の関節位置を正しく保ち、安全にトレーニングを行うためにも、やはりインナーユニットが正しく働く身体環境を作ってあげねばなりません。じゃぁ、どうやってインナーユニットを鍛えていくのか?今日はその点に関してみていきます。 インナーユニットは、呼吸のトレーニングによって促...

理論編⑭ ~呼吸~

0
みなさん、こんにちは『美しい姿勢』をつくるスペシャリストのさだです前回インナーユニットの独立制御のトレーニングを紹介しました。しかしですね、いきなり「インナーユニットの収縮をしてください」といっても、普段使えてない人は、やはりきちんと収縮させることができないのが実際です(-_-;)ではどうしたらいいのか?一つ良い方法があるのです。何だと思いますか?まぁ、タイトルにもあるのでわかると思いますが、インナーユ...

理論編⑮ ~低負荷課題でのインナーユニットの収縮保持~

0
みなさん、こんにちは 『美しい姿勢』をつくるスペシャリストのさだです さてさて、前回は「呼吸」に関して見てきました。 呼吸はエクササイズ時に無意識でも、 その理想とする動きができるように意識してコントロールするようにしてくださいね! さて、ここまでで、 ニュートラルポジションの理解 インナーユニットの独立収縮チェック もできるようになっていると思います。 そうしたら、 「動き」に対して、インナーユニットの収...

理論編⑯ ~体重支持アウターユニットとインナーユニットとの機能統合~

0
みなさん、こんにちは 『美しい姿勢』をつくるスペシャリストのさだです 前回 理論編15 ~低負荷課題でのインナーユニットの収縮保持~ を見ていきました。 ここの部分がクリアできれば、 インナーユニットの収縮をキープしたまま、 ある程度四肢を動かすことが可能になっているはずです。 そうすれば、次に進んでいくステップですが、 「抗重力・姿勢保持アウターユニット」と「インナーユニット」を同時に使えるように機能統...

理論編⑰ ~効果的なプログラム組み立て~

0
みなさん、こんにちは 『美姿勢』スペシャリストのさだです今回のは、コンディショニングを考える上ではとても重要な内容ですよく考えながら読んでもらえると嬉しいです。 さて、 前回・前々回とで、 理論編15 ~低負荷課題でのインナーユニットの収縮保持~ 理論編16 ~体重支持アウターユニットとインナーユニットとの機能統合~ に関してみてきました。 ここの部分がクリアできれば、 インナーユニットの収縮をキープ...